東京都市大学 横浜キャンパス

環境学部

環境学部 環境マネジメント学科

平成25年4月 「環境情報学部」を改組し、「環境学部」と「メディア情報学部」を設置

持続可能な社会の実現に貢献する
知識と実践力を修得。

持続可能社会に関する適切な知識とビジョンを持ち、環境調和型の企業活動や消費行動を促進する具体的な政策、環境に調和した製品や技術開発に関する企画・立案を実践的に学びます。企業、自治体、消費者が持つ特徴や課題を認識し、理想的な環境を創造するための努力を惜しまない人材を育成するため、国内外の企業や自治体との交流を通じ、国際的な視野のもとで環境問題の解決に向け献身的に活動する「実践力」を養います。

学びの特色

日本初のISO14001取得大学による実践的な環境教育
  • 企業、消費者団体、自治体との協働による、実践に基づくプロジェクト教育を推進。環境コミュニケーション能力の向上を図ります。
  • 経営、経済、法律、会計、国際などの社会科学分野を基調としつつ、地球科学やエネルギーなど環境経営の実践に不可欠な理工学的な知識も修得します。
  • 日本の大学として初めてISO14001 に登録した学部の特長を活かし、最先端の環境教育を通じて環境マネジメントシステムのエキスパートを育成します。

卒業後の進路

環境経営分野

一般企業の環境部門・マーケティング部門・情報システム開発部門、公務員、環境コンサルタント、シンクタンク、製造業、エネルギー、情報サービス業、流通、小売・販売、広告、NPO・NGO、大学院 ほか

環境政策分野

公務員、シンクタンク、NPO・NGO、一般企業の環境部門・マーケティング部門、環境コンサルタント、マスコミ、国際環境協力関連機関、大学院 ほか

進学

大学院の博士前期・後期課程へ

環境経営分野

企業の生産活動や私たちの消費行動は、大量かつ多様な資源や化学物質の利用から成り立っています。環境経営分野では、資源の採掘から材料、製造、流通、消費、リサイクル、廃棄といった各段階において環境経営を的確に行い、持続可能な社会に向けた生産・消費活動を推進するための、環境経営の専門能力を身につけることができます。

主な専門科目
・循環型生産システム ・企業経営とサステナビリティ
・環境ロジスティックス ・環境会計
・環境マーケティング ・環境改善のライフスタイル
・ライフサイクルアセスメント ・環境志向型経営分析
・環境監査 ・エコデザイン

環境政策分野

環境問題は現代社会が引き起こした社会問題であり、政治、経済、文化、国際関係などが絡み合う、きわめて複雑な問題です。環境政策分野では、問題解決のための法整備や市場経済のあり方、環境政策とその形成プロセスに関する理論と方法を、社会科学的な視点から学んで行きます。

主な専門科目
・公共経済学 ・環境法
・環境政策論 ・環境社会学
・環境経済学 ・グローバルガバナンス
・開発協力と環境 ・国際政治経済論
・国際経済と環境