東京都市大学 横浜キャンパス

環境学部

環境学部 環境創生学科

平成25年4月 「環境情報学部」を改組し、「環境学部」と「メディア情報学部」を設置

持続可能な都市と地域空間の実現に貢献する
知識・教養と人間力を修得。

都市、地域、そして地球環境に関する広範な知識と教養を持ち、実社会に応用できる人材を育成。顕在化する環境問題を科学的に理解し、問題解決のための政策や手段を身につけます。持続可能社会を構築するうえで求められる都市や地域環境を実現するために、環境情報の処理と共有技術、分析やモニタリング技法を学んだり、自然の持つ多様性を人工環境に取り入れて快適な環境を創出する技術や方法論を修得することで、実社会で即戦力となり得る「人間力」を養います。

学びの特色

フィールドを重視した徹底的な実践教育
  • 自然科学的な視点を基本とする研究・教育を展開し、実習や演習などフィールド系科目を積極的に導入しています。
  • 社会学的方法論も取り込んだ研究・教育を行い、環境情報の可視化技法や環境測定分野の教育が充実しています。
  • 海外研修プログラムや国際ワークショップなどの実践経験を通じ、国際的に活躍できる機会も豊富です。

卒業後の進路

生態環境分野

国・地方公務員、国際環境協力関係機関、一般企業の環境部局、NPO・NGO、環境研究者、建設・環境・造園・緑化コンサルタント業、園芸・種苗会社、エコツアー・グリーンツーリズムの企画・運営・実践会社等、大学院 ほか

都市環境分野

環境・造園コンサルタント、都市計画コンサルタント、建設・不動産、ハウスメーカー、住宅・商業施設・ビル管理、鉄道・交通、国・地方公務員、都市・建築関連研究機関、大学院 ほか

進学

大学院の博士前期・後期課程へ

生態環境分野

温暖化や沙漠化など地球規模の問題から、開発による生物多様性や生態系の劣化に至るまで、私たちは多岐にわたる環境問題を抱えています。生態環境分野では、身近な環境の保全・復元から、熱帯雨林の復元や沙漠化防止といった地球規模の保全まで、国内外のフィールドを利用して実践的に学んで行きます。

主な専門科目
・物質循環学 ・生態環境保全学
・環境モニタリング技術 ・環境緑地学
・エコロジカルプランニング ・環境フィールド・計測演習
・生態系アセスメント ・復元生態学
・環境分析演習  

都市環境分野

ヒートアイランドや集中豪雨、大気汚染や騒音など、都市が抱える問題の解決手段を見出すためには、都市の変化とその構造の本質を理解する必要があります。都市環境分野では、都市活動と環境、居住環境と土地利用、建築環境に関わる計測・分析・計画・デザインの基礎から応用、実践までを学ぶことができます。

主な専門科目
・環境フィールド・計測演習 ・建築気候学
・都市再生論 ・都市とインフラストラクチャー
・住環境システム ・熱環境論
・地理情報システム ・交通環境