東京都市大学 横浜キャンパス

メディア情報学部

メディア情報学部 社会メディア学科

平成25年4月 「環境情報学部」を改組し、「環境学部」と「メディア情報学部」を設置

社会調査士資格

メディア情報学部 社会メディア学科では、学科の正規カリキュラムの中から指定された科目群を修得して卒業することで、申請により「社会調査士」の資格を取得できます。条件を満たせば、申請によって在学中に「社会調査士(見込み)資格」を取得することもできます。
※横浜キャンパスの他の3学科でも、一部の科目について社会メディア学科の科目を他学部・他学科履修で取得することで社会調査士の資格取得が可能です。


社会調査士とは

社会調査士とは、量的・質的な社会調査を適正に行う基礎知識を大学の課程の中で一通り履修した上で、実際に調査を、企画立案−実施−分析−報告書執筆まで、実践的に学習したことをもって一般社団法人 社会調査協会が認定する資格です。
現代の社会で、さまざまな社会問題の解決を図っていく上で、社会調査は不可欠の方法であり、そのための専門的人材の育成を目指して、日本社会学会、行動計量学会、教育社会学会という伝統ある3学会が、2003年に「社会調査士資格認定機構」を設立し、2004年から資格認定を行なっています(2008年12月に法人化して現名称になりました)。
2011年2月までに社会調査士195校・専門社会調査士(*社会調査士の上位資格で大学院修了者に対するもの)62校が参加しており、とくに社会科学系の学部・学科では社会調査の実践的能力を持っていることを社会に示す目的で取得を目指す学生が多く、必須の資格になりつつあります。

資格取得の流れなど、詳しいことは、同協会のホームページ http://jasr.or.jp/ をご参照下さい。