東京都市大学 環境情報学部

ニュース・お知らせ

田中章研究室が「東急グループにおける里山バンキングの提案」で第7回東急グループ環境賞期待賞を受賞

 7月22日(水)に環境学部環境創生学科田中章研究室が「第7回東急グループ環境賞」にて期待賞を受賞し、東京急行電鉄株式会社本社にて授賞式が行われました。


 受賞内容は「東急グループにおける里山バンキングの提案」であり、本研究は生物多様性保全が急務である今日、開発事業などでやむを得ず消失した自然生態系を事業者の責任で復元し、維持する仕組み「生物多様性オフセット」は世界50カ国以上で法制化されています。また、第三者がまとまった土地で自然生態系を復元または保全し、その成果分の代金を開発事業者が第三者に支払うことで生物多様性オフセットを完了したとみなされる「生物多様性バンキング」も世界7ヶ国に広まっています。
 当研究室ではこの生物多様性バンキングの仕組みを日本の実情に合わせた「里山バンキング」を発案しています。これは里山バンクが開発事業者と里山管理を行うNGO・学校などとを結び付け、里山バンキングのエリアで生物多様性オフセットとして里山管理活動を推進するものです。里山の地主にとっては放置され荒廃する里山の復元に寄与するほか、市民、行政、企業など各ステークホルダーにとってもメリットがあるものになっています。本研究は横浜市、千葉市等で実証実験を進めています。

田中研究室ホームページ:http://www.yc.tcu.ac.jp/~tanaka-semi/


表彰式に参加する田中章教授と学生
表彰状