2週間ぶりのゼミ~研究について~

5月18日
1

先日のゼミは横浜キャンパスで行いました。
  今回はゴールデンウイークや体育祭の関係で2週間ぶりのゼミでした。またゼミ前に3年生と4年生何名かはTOEICのテストを受験したので受験生全員疲れ切っていました。

今回のゼミでは最初に、社会の環境への意識・取り組みに、枝廣研究室として研究を通して伝える・発信するということについて考えました。これは、4年生には卒業研究、3年生には事例研究を行うにあたって大切なことであり、それぞれ短い時間ではありましたが、提案書という形で考えました。多くの意見、考えが出た後に枝廣先生からは、キーワードとして「比べる」ということが大切だと教えていただきました。このことは、これから研究を行う上で大切だということを学びましたし、研究内容の先行研究を調べ、そこから新しい切り口を見つけていくことも学習しました。

次に「持続可能な幸せな社会のための自分の問題意識」について考えて、3年生は1分間スピーチを行いました。自分の問題意識と言われて、最初は手が止まっているゼミ生が何人かいましたが、自分の身近なことで考えると考えやすかったのではないのかと思いました。考え終わった後、3年生と4年生がペアになりそれぞれの発表を聞いて質問をして意見交換をしました。最後に3年生が一人ずつ1分スピーチを前に出で行いました。その際ゼミ生一人ずつから、スピーチについて、内容についてアドバイスをいただきました。3年生は、4年生に比べて人の前に出て話す力、人に自分の意見を伝える力が足りないので、今回先輩方からいただいたアドバイスは、今後の発表などに活かしていきたいと思いました。

またゼミの最後には6月22日の水増子供食堂について役割分担を決めました。それぞれ役割はありますが、人頼りにならず協力して取り組みましょう。

今回のゼミを通してゼミ生の感想としては
「自分が考える問題意識というテーマについて、スピーチを行い感想をもらったがまだまだ改善できる点が多々あることを実感させられました。」
「久しぶりのゼミはTOEICの後で短い時間でしたが、スピーチの練習もでき充実した時間になりました。スピーチに対してゼミ生からコメントをもらえたのでしっかり読んで次回につなげていきたいと思います。」
「持続可能な幸せな社会、自分の問題意識についてのスピーチをしました。自分の問題意識について、普段あまり考えたことがなかったので少し難しく感じました。またスピーチをする機会があまりなかったのでとても緊張し、あまりうまくいえなかったと思います。先輩などのゼミ生からのコメントを参考にしてこれからに役立てることが出来たらいいと思いました。」
などが挙がりました。

来週のゼミまでにグループでの課題、個人の事例研究、卒業研究に対してのパワーポイントでの発表など課題が盛りだくさんなので頑張りたいと思います。

永井裕久
no.2 no.3

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板