異業種勉強会

7月20日
1

今週のゼミは今年度3回目の学外ゼミでした。東京都港区にある東急エージェンシープロミックス様の会議室を借りて、行いました。
「企業の環境・CSRを考える」というテーマをもとに学生たちと企業の方々が意見交換やディスカッションを行いました。

はじめに企業のCSRレポートについてのディスカッションを行いました。学生が事前に企業のCSRレポートを読み込み「良いと思った点・理由」と「さらに良くなる点・根拠」と「企業に聞きたい事」をそれぞれ決めてきていました。それらをもとに読者である学生側の意見と製作者の企業側がCSRレポートについての話し合いを行いました。

次に「持続可能な社会に向けて」というテーマについてディスカッションが行われました。 学生は「企業に期待すること」、企業の方は「学生に期待すること」を話し合い、両者の意見をもとに「企業と学生の共創の可能性」について考えていきました。学生は事前に前日までの1週間の新聞記事などを集めて、企業はどうあるべきかを考えてきていたため、企業の方の意見を聞くだけでなく、自分たちの考えをよく出すことに成功していたと思います。

最後に今回のセミナーを通しての感想や学んだことについて学生は1分間のスピーチを行いました。普段からこのような1分間スピーチはゼミの活動で行っていますが、今回のように多くの社会人を前にスピーチをする機会は滅多にないため多くの学生が緊張していました。しかし、緊張した中でもAREAの法則などのこれまでに学んだスピーチのコツやポイントを使用できている人が多く、これまでのゼミ活動の成果を改めて実感することができました。

その後、場所を変えて行われた懇親会にも多くの企業の方々が参加してくださいました。 学生と企業の方々はとても和やかで明るい雰囲気で、様々なお話をさせていただきました。 ゼミ生からの感想として「とても充実な時間を過ごすことができました。普段では企業の方とお話しできる機械もないのでいい経験をすることができました。」や「インターネットや本では得られない企業の人の生の声を聴けました。企業の果たすべきことは増加していくだろうが、私たち学生も企業としっかり向き合わなければいけないと思いました。」といった感想がありました。

このような貴重な体験をすることはなかなかできないので、自分たちは何を学んだのか、次回このような機会があればなにを改善したいかなどの振り返りをしっかりしておきたいと思います。

                                    峯村直樹
no.2 no.3

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板