ゼミ合宿1日目

8月20日
1

枝廣研究室の水増集落で合宿1日目、東京のお天気はあいにくの雨でした。集合場所には大きなトラブルはなく、合宿に行く3・4年のゼミ生23名全員集まることができました。全員で飛行機に乗り、楽しみにしていたゼミ合宿へ出発しました。阿蘇くまもと空港に着くと東京とは違い、とても天気が良かったです。そこからバスに乗り、水増集落へ向かいました。

水増集落に着くと私たちゼミ生を皆さんが温かく迎えてくださいました。水増集落はとても自然が多くあり、想像以上に美しい場所でした。

初めに集落の皆さんとゼミ生で昼食を食べました。昼食のお弁当は水増の野菜を使ったお弁当でした。そのお弁当は動物性のたんぱく質は卵だけ、またお砂糖は使っていないというとても健康的なものでした。味が薄いのかな?と思いましたがそんなことはなく、水増の野菜のおいしさを改めて感じることができました。玄米などなあまり多く食べたことがなかったですが、お弁当はとてもおいしかったです。

昼食が済ませた後は、ヨガ体験と農業体験の2つに分かれて活動しました。ヨガ体験のグループではヨガは健康な体と、不動の心をつくり、また自分のエネルギーを高めるということを教えていただきました。また健康には食事がとても重要であるということも学びました。①伝統の食べ物を食べること ②季節のものを食べる ③一物全体食(陰陽のバランスをとる)これはすべての栄養素をバランスよく食べるということです。 ④主食と副食の割合を守ること ⑤よく噛むこと、箸は一口ごとに下に置くことを習慣に ⑥腹八分目を守る 以上の6つがとても重要なことです。私たちの食生活は多様になり、このようなことが崩れてきてしまっていると思います。健康になるためにこれからの食生活を正しく送りたいと思いました。この学びをした後、実際に体を動かしヨガの体験をしました。初めてのヨガ体験はとても苦しい体験でした。正しい呼吸法を行いながら、姿勢正しく正座するだけでもとても大変でした。普段の生活では自分の体と向き合うということがあまりないですが、ヨガを行っているときはゆっくりと向き合うことができたと思います。また目を閉じると川の水が流れる音が聞こえたり、風が心地よかったり、鳥の声が聞こえたりしました。ヨガ体験をすることで自分と向き合うことができ、また水増集落の自然を感じることができました。

夜は集落の皆さん、ゼミ生そしてYOSAKOIはーとらんどの皆さんとBBQをしました。一緒にお肉やお野菜を焼くことで多くのお話しをすることができとてもうれしかったです。またYOSAKOIはーとらんどの皆さんがよさこいを披露してくださいました。最後にはゼミ生も一緒によさこいを踊り、とても楽しい時間を過ごすことができました。

1日目のゼミ生の感想では、「農作業体験をしましたが、野菜ができるまでの苦労を改めて感じることができ良い体験になりました。」「初めて行った熊本県、水増集落でしたがとても自然に恵まれていて空気がおいしかったです。その中で実際に自分の体を使って農業体験ができたことは、とても辛かったですが貴重な体験になりました。」などが挙がりました。

水増集落に来て1日目で、水増の魅力をたくさん感じることができました。この経験を通し、自分自身がどのように成長できるのか、またどのような行動を行うことができるのかをしっかり考えこれからの活動に生かしていきたいと思います。

                                    山田彩乃
no.2 no.3

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板