4月12日新年度のゼミレポート

4/12

4月になり、枝廣研究室も3年を迎えました。

  

3月に先輩方が卒業してしまい、今年は新4年生の7名だけとなり、昨年と比べると人数が減ってしまいましたが、ゼミ生7名の繋がりを大切にして充実した残り一年のゼミ活動を送っていきたいと思います。  ゼミ生同士、先生とお会いするのも久しぶりだったので、まずはお互い軽い近況報告から始めました。ゼミ生は就職活動の最中ということもあり、生活のほとんどが就職活動でした。その中でもオンとオフの切り替えを大切にして、メリハリにある就職活動を送っている印象でした。ゼミ生同士情報共有を大切にして、充実した就職活動を送れるようにしたいと思いました。  次に今年度の卒業研究のテーマについて話し合いました。今回は「働くということ」を共通テーマにしたときにそれぞれの研究テーマを発表しました。あがられたテーマは大きく分けて、働く環境についてと新たな働き方のような分け方が出来ました。全体を通してテーマに対しての深堀が出来ていないので、このテーマを元に卒業研究をすることになると、難しい点があることを先生からご指摘いただきました。これからよりテーマに対しての「深堀」を大切にやっていこうと思いました。  研究室での一年を過ごしてみて振り返ると、あっという間だったということが一番の印象でした。就職活動など色々あり、大変だと思いますが、学生生活残り一年枝廣研究室でした経験できないことがたくさんあると思います。何事にも全力で取り組み卒業の時に、充実した一年だったといえるようにしたいと思っています。

  

今年も枝廣研究室をよろしくお願いいたします。(※今回のゼミは写真を撮っていなかったので、次回以降のゼミレポートでアップさせていただきます。)

                                    永井裕久
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板