7月19日ゼミレポート

7月19日

本日のゼミは、学外でのゼミです。「イーズ未来共創フォーラム 異業種勉強会」と私たち枝廣研究室の合同ゼミとなりました。今回のテーマは『SDGsの本質を理解する~社員の意識啓発・浸透に必要なこと』というものです。

  

今回の異業種勉強会では、まず私たち枝廣研究室のゼミ生からSDGsについての発表を行いました。その中で実際に東京都市大学の学生にアンケート調査を行った結果を発表しました。企業の方があまり触れ合う機会の少ない学生の声を届けることが出来たのではないかと思います。 その後、枝廣先生による講義とワークを行いました。ワークでは、自社で実践しているSDGsの取り組みやその効果について共有しました。その中で印象に残っているものは、いかに事業と結び付けてSDGsの取り組みを行うかということです。ビジネスとしてSDGsを行ってもらうということが大切であるということ、また社内で理解してもらうことが重要であるということを感じました。そのためにはあえてSDGsという少し難しいと感じる言葉を使わずに多くの人に理解してもらうようにしているという企業の方もいらっしゃいました。このように多くの工夫をして、SDGsの取り組みが広く広がるといいと思いました。 次のワークでは、SDGsの17の目標を野球のノック式に自社での活動を書き出しました。実際に17の目標を改めてみると、とても分かりにくく難しいという感想でした。そして実際に書き出してみると企業によって多く出る目標に偏りがあるということが分かりました。17の目標を1つの企業で網羅するのではなく、多くの企業が協力することで17の目標すべてを行うことが出来るのではないかと思いました。 ゼミ生の感想として、「実際に学生へのアンケート調査の結果などを企業の方に伝えることができ良かったと思います。」「多くの企業の方が実際にどのようにSDGsの取り組みを行っているのかを知ることができ学ぶことが出来ました。」などがありました。

  

今回の合同ゼミでは、実際に企業の方がどのような取り組みを行っていることやその中で難しいことなどの貴重なお話をお聞きすることが出来ました。この経験をこれからの活動に活かしていきたいです。

                                    山田彩乃
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板