枝廣研究室第10回ゼミ

7月8日
no.4

先日、エダヒロ研究室第10回のゼミを横浜キャンパスにて行いました。
  今回はまず、夏休みの課題でもある「アンケート調査」の調査票の作り方について学びました。アシスタントである新津さんに教えてもらいました。初めに「会社のマナーがしっかりしているか?」を調べるための質問文をグループに分かれて作成しました。各グループから「あいさつがきちんとできているか?」「しっかりとした服装が心がけているか?」などの質問が挙がりました。そして、その質問文に対する選択肢も考えました。 アンケート用紙を作ることは意外に難しいことであると感じました。

次に、来週7月15日の合同ゼミに参加してくださる「タカラトミー」「博報堂」「帝人フロンティア」「味の素」「エイピーピー・ジャパン」「昭和シェル」「日本板硝子環境アメニティ」「サントリー」「損保ジャパン日本興亜」について、各自それぞれどこの企業を調べるのか、グループ分けをしました。ゼミ生の皆さん、しっかりと事前の下調べをしておきましょう!

次に、私たちエダヒロ研究室で進めているOur projectを行いました。今回は、「現在の社会の課題とは?」という議題のもと、各班6人で25分間のグループディスカッションを行いました。初めてのグループディスカッションでしたが、みんな自分の意見を発言したり、他の人の意見を聞いたりできていて、初めてにしては上手くできていたと思います。

ゼミ生の感想としましては、「発言のタイミングが難しかった。」「考えがまとまらずに上手く言葉にできなかった。」「次回は、状況判断をしっかりしたい。」「次回は、他の人の意見をしっかり聞きたい。」などが挙がりました。

次に、資料を読んで著者の言いたいことと自分の考え・意見を踏まえての1~2分間のスピーチを行いました。時間も遅いことでみんな疲れていたことだと思います。しかし、スピーチが終わった後、枝廣先生から 「みんなとても成長した!」とお褒めの言葉を頂きました。

今回のゼミもかなりの長丁場でしたが、その分学ぶことも多くてとても充実したゼミだったと思います。そして、毎回スピーチやプレゼンなどを発表する機会があるので、人の前で発表するプレゼン力がかなりついてきたと最近は実感しています。

次回のゼミは、先ほど挙げた企業の方々のほかに「株式会社ゴールドウイン」「旭化成ホームズ」の担当者の方々も参加してくださるとのこと。企業の方々のお話を聞いて意見交換をします。このような機会はめったにないことなので私自身とても楽しみにしています。

次回のゼミまでにいくつかの課題が出ているので、しっかりと準備をしてゼミに備えましょう!
そして、企業の方々に失礼のないよう次回も充実したゼミにしましょう!

萩原宏紀
no.1 no.2 no.3

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板