新型市民講座「世界の現状・地元の取り組み~農と食を考える-世界と横浜の都市農業-」

8月6日
市民講座

8月6日(水)に東京都市大学環境学部が主催する新型市民講座「世界の現状・地元の取り組み~農と食を考える-世界と横浜の都市農業-」が都筑区役所で開催されました。今回の新型市民講座には枝廣先生が登壇されるので、学外ゼミとして3名のゼミ生が出席しました。

新型市民講座は、以下のプログラムで行いました。

  1. ①「世界の農と食の現状は?」:枝廣淳子
  2. ②「横浜市の都市農業」:丸山知志さん(横浜市環境創造局みどりアップ推進部農政推進課)
  3. ③農家見学と意見交換

枝廣先生の講演「世界の農と食の現状は?」は、世界の状況、日本の現状、都市農業の現状と可能性の3部構成でお話を聞きました。
次に、横浜市環境創造局みどりアップ推進部農政推進課の丸山知志さんが、「横浜市の都市農業」として、横浜市の農業の現状、横浜市の農業施策について講演されました。

最後に、農家見学と意見交換として、仲町台駅から徒歩15分くらいのところにある農家・加藤さんの農場にお伺いしました。当日は天気も良くとても暑かったですが、強い日差しの中、参加者と農家の方との意見交換もたいへん盛り上がりました。日常の中で、行政の農政推進課の方や農家と意見交換を行う機会は少ないので、とても貴重な経験になりました!。

徳田美涼
no.1

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板