企業の「学生・就活生が就職にあたって企業について知りたい情報」の開示パターンとは?

12月2日
1

今回のゼミは、企業の方との合同ゼミでした。「株式会社駒井ハルテック」「株式会社彩生舎」「サントリーホールディングス株式会社」「東洋製罐株式会社」「香港上海銀行」「有限会社チェンジエージェント」の6社8名の方に来ていただきました。

まず、企業の方やゼミ生の簡単な自己紹介から始まりました。
  ついで、私たちエダヒロ研究室で進めているOur Projectについて、調査項目をどのように設定したのか、対象企業の選定や評価の指標などの説明がありました。それから、企業の方とゼミ生で4~6人ずつのグループに分かれ、調査対象企業の「学生・就活生が就職にあたって企業について知りたい情報」の開示パターンを分析・グループ分けして、発表しました。
 発表は、点数やグラフの形でグループ分けしているところや、どのグラフにも特徴があることからグループ分けせずに考察しているところなど、グループによってさまざまでした。

ゼミ生の感想は、 「企業の考え方と一般人の考え方ではかなり相違があることを知れたことはとても良い経験だった」 「企業の方がCSRレポートに必要だとおもっているものと学生が思っているものが違うことを改めて感じた」 「企業の方から色んなアドバイスや意見をもらえて貴重な時間を過ごすことが出来ました」 などがありました。
 ゼミ生にとっては、今回の合同ゼミ中に質問されたことはエコプロダクツ展でも質問される可能性もあるので、Our Projectの説明の練習にもなったのではないかと思います。意見を交えながら開示パターンを分析することでゼミ生の視野も更に広がったのではないでしょうか。

次回のゼミは、エコプロダクツ展の開催前日に行います。前日に慌てて準備するということがないように計画的にエコプロダクツ展に向けて頑張りましょう!

徳田美涼
no.2 no.3

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板