ゼミが主催するセミナーを開催しました!

2月17日
1

先日、2月17日に東京都市大学二子玉川夢キャンパスにて「企業×就活生 どちらも幸せになる理想の起業選び」セミナーを開催しました。

このセミナーは、私たちが去年の夏より行ってきた「地球と自分を幸せにする企業の情報の見つけ方」プロジェクトがベースとなっています。エコプロダクツ展2015への出展の振り返りとして、「就活生や学生に伝えたい」「ランキング上位企業の方から話を伺いたい」などの意見から企画されたものです。

企画・運営を学生主体で取り組むこととなり、それぞれ仕事を割り振り準備してきました。枝廣先生やイーズの方に助けられながら、登壇してくださる企業との連絡や学外・学内に向けた広報、会場設営、当日の進行等を行いました。

私は当日のプロジェクト説明を担当しました。当初は、私一人で説明をするつもりだったのですが、 より聞いている側に伝わりやすいようにと、質問役を設けて会話形式で発表することになりました。 直前で質問役を引き受けてくれたゼミ生には感謝です。

このように、学生それぞれが自分の役割を果たす上で工夫があったかと思います。

当日は大まかに以下のように進行しました。
〇学生・就活生は企業のどのような情報を求めているのか(ディスカッション)
〇「地球と自分を幸せにする企業の情報の見つけ方」プロジェクトの説明(学生より)
〇CSRの取り組みや想いを聞く(登壇企業より)
〇企業と学生の理想のコミュニケーションについて(ディスカッション)

初めに、「学生・就活生は企業のどのような情報を求めているのか を考えました。学生は自分が実際に知りたいことを、社会人は学生が何を知りたがっているのか、意見出し合ってもらいました。

学生の多くは、自分が社員となったときに、自分はどのような環境下に置かれるのか、想像ができる情報を求めている事がわかりました。

その後「地球と自分を幸せにする企業の情報の見つけ方」プロジェクトの説明をおこないサントリー、味の素、凸版印刷のCSRを担当されている方からお話を伺いました。CSR情報の開示を積極的に行っている企業ということだけあり、素晴らしい理念や活動、制度がありました。各社とも独自のCSRの捉え方があり、勉強になりました。

最後のパートでは、「企業と学生のコミュニケーション改善のために何をしたら良いのか」についてのアイディアを出し合ってもらいました。 「ほとんどの場合、学生と企業人のファーストコンタクトは就活になる。そこが良くない」「大学1,2年の頃から企業と関わる機会があると良い」「企業がCSR活動として学生を交え社会貢献活動を行う」などの意見が出ました。

私自身、過去にゼミで行った異業種勉強会の経験から、社会人と学生が議論する場の真剣さと言いますか、ちがう視点がぶつかり合って議論が盛り上がる面白さを感じていたので、これがセミナーを開催する際の推しポイントだと思っていました。

実際に当セミナーのアンケートには、「学生と企業が平等な立場でディスカッションをするという経験ができて良かった」などの意見が多くあり、このような場を求めている人が多い事がわかりました。

同じ課題に取り組むというのは、一緒に働くことと近いことですから、働くことのイメージや自分との相性を具体的に考えられるのかもしれないですね。自分が大切にしたいものを見つけやすいかもしれません。
  参加企業の方が仰っていた「企業そのものにいての情報(長期目標や理念など)に興味をもってもらうには、企業側が、その企業の夢のあるストーリーを発信していく必要がある」という話(学生が知りたいことの多くが、自分がどのような環境で働くのかについてだったことを踏まえて)が印象に残っています。
  例えば、色々な企業で「一緒に考える経験」をして、働くイメージを持つことができれば、自分の軸を掴むことができれば、その企業が持つストーリーが自分に合うかどうかで企業を見られるかもしれませんね。
  他にも「学生が知りたい情報をまとめて、それに対して企業が情報を発信する」など面白い意見が挙がりました。

ゼミ生の感想としては、
初めての体験でいろいろなことを学ぶことが出来、成長することが出来ました。
自分に任された役割を果たすことで自分の課題が見えました。
などがあがりました。

企画当初は、どうなることかと不安もありましたが、53人もの方にご参加いただき、活発な議論ができたので良かったです。今後もこのような活動をしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
  今回お越しいただいた方、応援してくださった方、ありがとうございました。

こちらもあわせてご覧ください学生レポート:「企業×就活生どちらも幸せになる企業の選び方セミナー」を終えて

横山聖弥
no.2 no.3

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板