JAL工場見学・意見交換

2月19日
1

今回の学外ゼミでは、JALの工場見学と意見交換を行いました。今回このような機会をいただいたきっかけですが、枝廣研究室の全員で取り組んだ「地球と自分を幸せにする企業の情報の見つけ方、学生・就活生の求める開示度ランキング」の調査で、JALも対象とさせていただきました。

その際に、お世話になったJALの担当の方が、この研究調査の結果を発表したエコプロダクツ展に足を運んで下さって、お話をすることができました。そこから、JALのCSR活動を学ぶと同時に工場見学をさせていただけるという話になりました。

午前では羽田空港付近の新整備場で、飛行機についてたくさん学びながら格納庫の中を見せていただきました。

初めに、簡単な「飛行機講座」という形で、椅子に座り(これが飛行機の席3.4.3の形になっていて徹底していました!)実際の飛行機がどのようにして飛ぶのか、滑走路と風の関係などたくさんのことを教えていただきました。

その後の休憩時間には、操縦席の模型やファーストクラスの席、飛行機の歴史のプレートなどが展示されている場所でゼミ生各々楽しんでいました!女の子たちはCAの服を着させてもらっていましたよ?

午前の工場見学では、格納庫で飛行機を目の前に!説明をたくさん聴くことができました! 私自身、映像でしか見たことのなかったあの景色を目に焼き付けた瞬間でした…笑
特にピトー管をあんなに近くで見られたことに感動してました。エンジン音の違いも何人かにわかってもらえたことが個人的に嬉しかったです。是非これから聞いてみてください!

午後の意見交換では喜田さんと池口さんが、JALが行っているCSR活動について丁寧に説明してくれました。他にも、オリンピックに向けた新しいプロジェクトやバイオ燃料の今後の活用の見通しなど、航空業界全体のお話もたくさんしてくれました。こういったお話は、ネットからでなく直接お会いしてお話を聞いて初めてわかることなので、お忙しい中お時間をとっていただいた全ての方に感謝しています。

今回、無類の飛行機好きがばれてしまったなーと思っていたのですが、ゼミ生からも「楽しかった」「飛行機の仕組みが分かった」「JALの活動についてレポートを見るより詳しく知ることができてよかった」など声があがり、嬉しかったです。

私もまだまだ飛行機について知らないことばかりなので、色々なところに行き、色々な方々のお話をきいて、これからも多くのことを学んでいきたいと思います。
みなさんありがとうございました!

山崎歩美
no.2 no.3

そのほかの写真はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板