枝廣研究室第7回ゼミ

6月17日

先日エダヒロ研究室第7回のゼミを横浜キャンパスで行いました。
前回は体調不良により3人が欠席でしたが、今回は全員揃ってゼミを行う事が出来ました。

今回のゼミではまず、ノートテイキングについて学びました。ノートの取り方について事前に課題として出ていた文章を読み、グループディスカッションを行いました。そこでは「話している内容を書いていても途中で忘れてしまう」、「漢字を書くのに時間を取られる」などといった事が挙げられました。ノートを取るコツを教えてもらい、見やすいノートを作れるよう学びました。「漢字は書かず、平仮名で書く」、「略字を使う事で素早くノートを取ることができる」といった事を教えてもらいました。

次に、実際に論文などを探す際に信頼度が高い情報を探す方法を、教わったばかりのノートテイキングを行いながら、学びました。国立国会図書館とCiNiiを教えてもらいました。これから論文を書くときは参考にしてみてはいかがでしょうか。
教わった方法でノートテイキングを行った結果、しっかりとノートを取ることが出来、これからの大学生活や社会人になっても役に立つと思いました。

そして次にインターンシップ・就職活動について1週間の進捗状況の報告を行いました。説明会に参加したり、何社かエントリーをしたり、エントリーシートを書いたりなど、多くのゼミ生が動き出している事が分かりました。

最後に、自分の研究テーマ案を5分でKP法(紙芝居プレゼンテーション)で発表するという事を行いました。パワーポイントでプレゼンを行うのと違い、話の流れが分かりやすくなり、よりしっかりと思いを伝える事が出来たのではないかと思います。先生から「前で話すときはZの字で聞き手を見ること」と言われ、それを意識して発表を行いました。初めてKP法でプレゼンを行いましたが様々な工夫がされており、とても良い経験になったのではないかと思います。

また、先生からゼミ生1人1人に研究テーマについて具体的なアドバイスをしてもらいました。
これからそれぞれの研究が進んでいくと思います。
ゼミ生の感想としては、
「初めての体験で準備とか大変だったけど、良い経験が出来た」、
「大変で難しかった 工夫しないといけないため大変だった」、
「 KP法でプレゼンをやるのは初めてだったので不安でしたが、うまく発表できてよかったです」
など初めての経験から様々な事を学べたゼミになったようです。

次回は、1週間研究テーマについて調べてみてのプレゼンを行います。
しっかり準備をしましょう。

陳野健哉
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲示板