QLOOKアクセス解析

藤井哲郎 工学博士 教授
Tetsuro Fujii Ph.D. in Engineering

メッセージ

藤井哲郎

高品質な映像メディアの代表であるデジタルシネマからデジタルTV、モバイルメディアまでの多岐にわたるデジタル映像メディアを中心に、これらをネットワークで流通させる技術や、それを支える技術、さらにビジネスモデルの開拓を目指しています。 インターネット、超高速ワイドエリアネットワーク、ホームネットワークなどの実際のネットワーク上で具体的検証を積み重ねながら、新しいメディアネットワーキング・アーキテクチャ、利用技術、プロトコルの開発とビジネスモデルの開拓を進めています。 デジタル映像に関することは何でもお尋ねください

Professor 紹介

現職

東京都市大学 メディア情報学部 情報システム学科 教授

学歴

1979年3月 東京大学工学部電子工学科卒業
1981年3月 東京大学大学院工学系研究科修士課程了
1984年3月 東京大学大学院工学系研究科博士課程了、工学博士学位授与

職歴

1984年4月 日本電信電話公社入社。同年5月に横須賀電気通信研究所配属
1996年7月 NTT光ネットワークシステム研究所 伝送処理研究部 信号処理研究グループリーダ
1998年5月 第二法人営業本部第二営業部プロジェクト推進室 システム担当部長
2000年7月 NTT未来ねっと研究所 メディアネットワーキング研究部メディア処理システム研究グループリーダ
2004年4月 NTT未来ねっと研究所 第一推進プロジェクトマネージャー(PM)
2005年7月 NTT未来ねっと研究所 メディアイノベーション研究部長
2008年4月 武蔵工業大学 環境情報学部 情報メディア学科 教授
2009年4月 東京都市大学 環境情報学部 情報メディア学科 教授
2010年9月(~2016年8月) 東京都市大学 大学院環境情報学研究科長
2013年4月 東京都市大学 メディア情報学部 情報システム学科 教授

大学・研究歴

1988年(1年間) カリフォルニア大学バークレー校 (UC Berkeley) 客員研究員
1995年(3年間) 慶應義塾大学 環境情報研究所 訪問所員
1996年(4年間) 茨城大学工学部非常勤講師
1997年(2年間) 徳島大学工学部非常勤講師
2007年(2年間) 慶應義塾大学 デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構 訪問教授

学会歴

1989年から  電子情報通信学会 論文誌 査読委員
1997年(2年間) IEEE Transactions on Circuits and Systems - II: Analog and Digital Signal Processing, Associate Editor
2004年(1年間) 電子情報通信学会 信号処理(SIP)研究専門委員会 委員長
2006年(2年間) 電子情報通信学会 東京支部評議員
2012年(~2016年) 電子情報通信学会 企画室 幹事

所属学会歴

1979年から 電子情報通信学会 会員
1979年から IEEE(米国の電子情報通信学会) 会員
2005年(3年間) SMPTE(Society of Motion Picture and Television Engineers) 特別会員
2010年から 電子情報通信学会 フェロー

受賞歴

2001年 日本電信電話株式会社社長表彰
2003年 電子情報通信学会 第41回業績賞受賞
2004年 財団法人デジタルメディア協会 第10回記念AMD Award'04 技術賞受賞
2010年 財団法人高柳記念電子科学技術振興財団 2009年度高柳記念奨励賞受賞
2010年 電子情報通信学会よりフェロー称号を贈呈

Web記録

業績リスト

学術論文

[1] Yoshihide Tonomura, Takayuki Nakachi, Tetsuro Fujii, “Distributed Video Coding Using JPEG2000 Coding Scheme,” IEICE Trans. Fundamentals, VOL.E90-A, NO.3, pp.581-589, March 2007

[2] Takayuki Nakachi, Tomoko Sawabe, Junji Suzuki, Tetsuro Fujii, “A Study on Non- octave Scalable Image Coding and Its Performance Evaluation for Digital Cinema Test Material,” IEICE Trans. Fundamentals, VOL.E89-A, NO.9, pp.2405-2414, Sept. 2006

[3] Takashi Shimizu, Daisuke Shirai, Hirokazu Takahashi, Takahiro Murooka, Kazuaki Obana, Yoshihide Tonomura, Takeru Inoue, Takahiro Yamaguchi, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, Sadayasu Ono, Tomonori Aoyama, Laurin Herr, Natalie van Osdol, Xi Wang, Maxine D. Browon, Thomas A. DeFanti, Rollin Feld, Jacob Balser, Steve Morris, Trevor Henthon, Greg Dawe, Peter Otto, and Larry Smarr, “International real-time streaming of 4K digital cinema,” Future Generation Computer Systems, Volume 22, Issue 8, pp.929-939, May 2006

[4] Takayuki Nakachi, Tomoko Sawabe, and Tetsuro Fujii, “Extended Multiresolution Lossless Video Coding Using In-Band Spatio-Temporal Prediction,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E89-A, No.3, pp.698-707, March 2006

[5] 山口高広、藤井竜也、野村充、白井大介、白川千洋、藤井哲郎 「800万画素超高精細ディジタルシネマ配信・上映システム」電子情報通信学会論文誌 D-I、Vol.J88-D-I、No.2、pp.361-370、2005年2月

[6] Takahiro Yamaguchi, Daisuke Shirai, Mitsuru Nomura, Kazuhiro Shirakawa, Tatsuya Fujii, Tetsuro Fujii, Kimio Oguchi, “SHD Digital Cinema Distribution over a Fast Long-Distance Network,” Journal of Broadcast Engineering, The Korean Society of Broadcast Engineers, Vol.9, No.2., pp.119-130, ISSN 1226-7953, June 2004

[7] Takayuki Nakachi, Tomoko Sawabe, Tatsuya Fujii, Tetsuro Fujii, “Multiresolution Lossless Video Coding Using Inter/Intra Frame Adaptive Prediction,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E85-A, No.8, pp.1822-1830、August 2002

[8] Junji Suzuki, Isao Furukawa, Tetsuro Fujii and Sadayasu Ono, “Application of Super High Definition Images in Telemedicine: System Requirements and Technologies for Teleradiology and Telepathology,” Multimedia Tools and Applications, Vol.12, pp.7-38, June 2000

[9] 石丸勝洋、藤井哲郎、澤邉知子、鈴木純司、小野定康、「MPEG2符号化超高精細動画像のATM伝送特性」電子情報通信学会論文誌 B、Vol.J80B-1、No.12、pp.961-969、1997年12月

[10] Tomoko Sawabe, Tatsuya Fujii, Tetsuro Fujii and Sadayasu Ono, “Performance Evaluation of Super High Definition Image Processing on a Parallel DSP System” IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E76-A, NO.8, pp.1308-1315, August 1993

[11] Mitsuru Nomura, Isao Furukawa, Tetsuro Fujii and Sadayasu Ono, “Subband Coding of Super High Definition Images Using Entropy Coded Vector Quantization,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E75-A, NO.7, pp.861-870, July 1992

[12] Tomoko Sawabe, Tetsuro Fujii, Hiroshi Nakada, Naohisa Ohta, and Sadayasu Ono, “A 15 Gflops Paralle DSP System for Super High Definition Image Processing,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E75-A, NO.7, pp.786-793, July 1992

[13] Mitsuru.Nomura, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, “Layered coding for ATM based video distribution systems,” EURASIP Image Communications, Vol.3, No.4, pp.301-311、July 1991

[14] 澤邉知子、藤井哲郎、小野定康、「格子型結合並列処理システムにおける2次元FFT」電子情報通信学会論文誌 A、Vol.J73A、No.7、pp1290-1293、1990年7月

[15] Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, “Basic Characteristics of Variable Rate Video Coding in ATM Environment,” IEEE Journal on Selected Areas in Communications, Vol. 7, No.5, pp.752-760, June 1989

[16] Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, Yuhiharu Kanayama, and Sadayasu Ono, “Parallel Digital Signal Processing with a Multicomputer Type DSP System NOVI,” The Transactions of the IEICE, Vol. E-71, No.12, pp.1195-1202, December 1988

[17]野村充、藤井哲郎、太田直久、「フレーム差分に基づく可変レート映像符号化の基本特性」電子情報通信学会論文誌 B、Vol.J71-B、No.10、pp.1110-1118、1988年10月

[18]金山之治、藤井哲郎、太田直久、小野定康、「超高速信号処理用マルチコンピュータ型DSPシステムの構成」電子情報通信学会論文誌 D、Vol.J71-D、No.8、pp.1454-1460、1988年8月

[19]野村充、藤井哲郎、太田直久、「可変レート符号化のバースト性とそのモデル化」、電子情報通信学会論文誌 A、Vol.J71-A、No.2、pp.426-433、1988年2月

[20]藤井哲郎、島田正治、「多チャンネル適応ディジタルフィルタ」電子通信学会論文誌、Vol.J69-A、No.10、pp.1226-1233、1986年10月

[21]島田正治、藤井哲郎、「音声会議ブリッジに要求される安定性と挿入損失」電子通信学会論文誌、Vol.J69-B、No.9、pp.898-903、1986年9月

[22]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「最小2乗法を用いた周波数サンプリング形伝送路適応等化器」電子通信学会論文誌(B)、Vol.67-B、No.3、pp.249-256、1984年3月

[23]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「周波数サンプリングフィルタによる伝送路適応等化器」電子通信学会論文誌(B)、Vol.J65-B、No.9、pp.1172-1179、1982年9月

[24]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「スライディング離散フーリエ変換およびスライディングアダマール変換回路の構成法」電子通信学会論文誌(A)、Vol.J64-A、No.12、pp.970-977、1981年12月

国際会議、査読有

[1] Tetsuro Fujii, Masahiko Kitamura, Takahiro, Murooka, Daisuke Shirai, Tatsuya Fujii, Atsushi Takahara,"4K & 2K multi-resolution video communication over IP networks using JPEG2000," IEEE ISPACS 2009, December 7-9, 2009

[2] Masahiko Kitamura, Takahiro Murooka, Mitsuhiro Teshima,Hisaya Hadama, Atsushi Takahara, Tetsuro Fujii,"A study on the correlation between QoE of 4K super high definition video streamings and QoS of network," IEEE The 18th International Conference on Computer Communucations and Networks, ICCCN 2009, Workshop on Multimedia Computing and Communications, San Francisco, August 2009

[3] Yoshihide Tonomura, Daisuke Shirai, Takayuki Nakachi, Tetsuro Fujii, “Optimal Bit Allocation for Wavelet-based Distributed Video Coding,” Eighth IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2006), pp.442-448, San Diego, December 2006

[4] Hirokazu Takahashi, Takahiro Murooka, Kan Toyoshima, Hitoshi Uematsu, Tetsuro Fujii, “A High Speed Video/Audio Stream Splitter for 4K Digital-Cinema,” IEEE 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), FAM1-1-1, pp.808-811, Tottori, Japan, December 2006

[5] Daisuke Shirai, Takahiro Yamaguchi, Takashi Shimizu, T. Murooka, Tetsuro Fujii, “4K SHD Real-Time Video Streaming System with JPEG 2000 Parallel Codec,” 2006 IEEE Asian Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2006), pp.1857-1860, Singapore, December 2006

[6] Takahiro Yamaguchi, Mitsuru Nomura, K. Shirakawa, Tetsuro Fujii, “SHD Movie Distribution System Using Image container of 4096x2160 PixelResolution and 36 bit Color,” 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2005), pp.5918-5921, Kobe, Japan, May 2005

[7] Takayuki Nakachi, Tetsuro Fujii, “A Study on Non-octave Scalable coding using Motion compensated Inter-frame Wavelet Transform,” 2005 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2005), Vol.II, pp.345-348, Philadelphia, PA, March 2005

[8]Tetsuro Fujii, “Recent Progress of Digital Cinema over Optical Networks,” 2005 Optical Fiber Communication Conference (OFC2005), No.OFP4, pp.575, Anaheim, CA, March 2005

[9]Tetsuro Fujii, Kazuhiro Shirakawa, Mitsuru Nomura, Takahiro Yamaguchi, “Recent Progress on Digital Cinema Systems,” The 11th International Display Workshops (IDW2004), LAD1-1, pp.1651-1654, Niigata, Japan, December 2004

[10]Takayuki Nakachi, Tomoko Sawabe, Junji Suzuki, Tetsuro Fujii, “A Study on Non-octave Scalable Coding with Filter Bank and Its Performance Evaluation using EBCOT,” International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2004), Vol.2, pp.841-844, Sapporo, Japan, October 2004

[11] Tetsuro Fujii, Kazuhiro Shirakawa, Mitsuru Nomura, Takahiro Yamaguchi, “Cinema-Class Digital Content Distribution via Optical Networks,” Optical Networks & Technologies Conference, OpNeTec2004, Pisa Italy, 18-20 October 2004

[12] Daisuke Shirai, Takahiro Yamaguchi, Takashi Shimizu, Mitsuru Nomura, Kazuhiro Shirakawa, Tetsuro Fujii, “High-speed video stream transmission over long distances using multiple TCP connections,” The 3rd International Conference on Optical Internet (COIN 2004), 12-16 July 2004

[13]Takahiro Yamaguchi, Kazuhiro Shirakawa, Tetsuro Fujii, Tatsuya Fujii, “Super-High-Definition Digital Cinema System,” SID Symposium (SID ’04), Vol.35, Issue 1, P32.2, pp. 1062-1065, Seattle, May 2004

[14] Takayuki Nakachi, Tomoko Sawabe, Junji Suzuki, Tetsuro Fujii, “A Study on Non-Octave resolution Conversion Based on JPEG2000 Extensions,” 2004 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2004), IMDSP-L3.6, Vol.3, pp.iii-69-72, Montreal, 20 May 2004

[15] K. Oguchi, O. Kamatani, T. Fujii, “Large capacity contents handling over optical networks ? Motion pictures on optical networks,” 2004 Optical Fiber Communication Conference (OFC 2004), Vol.2, No.ThH2, Los Angels, 22 -27 Feb. 2004

[16] Takahiro Yamaguchi, Daisuke Shirai, Mitsuru Nomura, Kazuhiro Shirakawa, Tetsuro Fujii, “A Study of SHD Digital Cinema Distribution Platform”, International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT 2004), 36, pp.195-199, Singapore, January 2004

[17] Kimio Oguchi, Tetsuro Fujii, Atsushi Takahara, Toshiaki Miyazaki, Kazuo Hagimoto and Sadayasu Ono, "Broadband IP Stream Transmission Experiments over Global and Long Distance Networks", Optoelectronics and Communications Conference (OECC 2003), Paper No.14D1-1, Vol. 23, pp.527-528, Shanghai, Oct.13-16, 2003

[18] Tetsuro Fujii, Daisuke Shirai, Takahiro Yamaguchi, Mitsuru Nomura, Tatsuya Fujii, ”SHD digital cinema delivery system with 8 million pixel”, 1st International Workshop on Interactive Rich Media Content Production (RichMedia 2003), pp.79-87, Lausanne, Switzerland, Oct. 2003

[19] Takahiro Yamaguchi, Daisuke Shirai, Tatsuya Fujii, Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, “SHD Digital Cinema Distribution Over a Long Distance Network of Internet2”, Visual Communications and Image Processing 2003 (VCIP ’03), Proceedings of SPIE Vol.5150, pp.1760-1769, Lugano, Switzerland, 8-11 July, 2003

[20] Takayuki Nakachi, Tomoko Sawabe, Tetsuro Fujii, “A Study on Multiresolution Lossless Video Coding Using Inter/Intra Adaptive Prediction”, Visual Communications and Image Processing 2003 (VCIP ’03), Proceedings of SPIE Vol.5150, pp.1685-1696, Lugano, Switzerland, 8-11 July, 2003

[21] Tatsuya Fujii, Mitsuru Nomura, Daisuke Shirai, Takahiro Yamaguchi, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, “Digital cinema system using JPEG2000 movie of 8 million pixel resolution,” Image and Video Communications and Processing 2003, Proceedings of SPIE Vol.5022, pp.50-57, Santa Clara, California, USA, 21-24 January 2003

[22] Tatsuya Fujii, Mitsuru Nomura, Daisuke Shirai, Takahiro Yamaguchi, Tetsuro Fujii, Kazuo Hagimoto, Sadayasu Ono, “IP Transmission System for Digital Cinema Using 2048 Scanning Line Resolution”, IEEE Global Telecommunications Conference, 2002 (GLOBECOM ’02), pp.1643-1647, Taipei, Taiwan, December 2002

[23] Tomonori Aoyama, Sadayasu Ono, Kazuo Hagimoto, Tetsuro Fujii, “The Emergence of NeGeneration Digital Cinema ? Digital Cinema Consortium in Japan,” The 21st International Display Research Conference in conjunction with The 8th International Display Workshops (ASIA Display/IDW ‘01), LAD4-1, pp.1307-1310, Nagoya, October 16-19, 2001

[24] Toshikazu Sakano, Mitsuru Nomura, Tatsuya Fujii, Takahiro Yamaguchi, Isao Furukawa, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, Eiichi Kohda, Yutaka Ando, Masayuki Kitamura, “28-inch screen-size viewing station with full-color 5 million pixel LCD and its evaluation for the radiological applications,” MEDINFO 2001, London, September 2001

[25] Takahiro Yamaguchi, Toshikazu Sakano, Tatsuya Fujii, Mitsuru Nomura, Isao Furukawa, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, Yutaka Ando, “Development of a multipoint medical teleconferencing system with Super High Definition Images,” The 7th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC2001), pp.316-319, Tokyo, September 2001

[26] Katsuhiro Ishimaru, Takahiro Yamaguchi, Tatsuya Fujii, Mitsuru Nomura, Isao Furukawa, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, “Development of a digital archive platform with The Super High Definition Images,” The 7th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC2001), pp.153-156, Tokyo, September 2001

[27] Takayuki Nakachi, Tatsuya Fujii, Tetsuro Fujii, “Pathological microscopic image compression using lossless and progressive coding schemes,” Medical Imaging 2001: PACS and Integrated Medical information Systems, Proceedings of SPIE, Vol.4323, pp.412-422, February 2001

[28] Toshikazu Sakano, Isao Furukawa, Akira Okumura, Takahiro Yamaguci, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, Junji Suzuki, Shoji Matsuya, Teruo Ishihara, “Development of a networked four-million-pixel pathological and radiological digital image presentation system ant its application to medical conference,” Medical Imaging 2001: PACS and Integrated Medical information Systems, Proceedings of SPIE, Vol.4323, pp.180-191, February 2001

[29] Kazuhisa Yamada, Kazuhisa Hayashi, Tetsuro Fujii, “Achieving ATM Shaping Function Using Programmable ATM Adapter,” IEEE Global Telecommunications Conference, 1996 (GLOBECOM ’96), pp2093-2097, November 1996

[30] Katsuhiro Ishihmaru, Tetsuro Fujii, Tomoko Sawabe, Junji Suzuki, Sadayasu Ono, “Transmission Characteristics of MPEG2 Encoded Super High Definition Images,” IEEE Global Telecommunications Conference, 1996 (GLOBECOM ’96), pp.289-293, November 1996

[31] Tetsuro Fujii, Junji Suzuki, Isao Furukawa, Sadayasu Ono, Tsukasa Ashihara, Yutaka Ando, “Application of Super High Definition Images in Telepathology and Teleradiology,” IEEE Global Telecommunications Conference, 1996 (GLOBECOM ’96), pp907-911, November 1996

[32] Tetsuro Fujii, Tatsuya Fujii, Katsuhiro Ishimaru, “Performance evaluation of protocols for ATM transmission of Super High Definition Images,” 1996 IEEE International Conference on Communications (ICC ’96), pp.155-159, June 1996

[33] Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, “Design of parallel Signal Processing System for Real-time SHD Image Processing,” 1996 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS ’96), Vol.4, pp172-175, May 1996

[34] Toshinori Tsuboi, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, Hitoshi Uematsu, Takashi Hoshino, “Super High Definition-Based On-Line Medical System over the ATM Transport Network,” The International Symposium on Subscriber Loops & Services (ISSLS 96), pp.62-67, Melbourne, February 1996

[35] Tetsuro Fujii, Katuhiro Ishimaru, Tomoko Sawabe, Junji Suzuki, Sadayasu Ono, “Transmission Characteristics of Super High Definition Images with MPEG2,” International Workshop on HDTV ’95, Taipei, Taiwan, November 1995

[36] Tatsuya Fujii, Tetsuro Fujii, Naohisa Kimura, Sadayasu Ono, “High Speed Programmable ATM-HUB for HIPPI/STM-4 Data Network,” 1995 IEEE Global Telecommunications Conference (Globecom ’95), Vol.3, pp.2092-2096, Singapore, November 1995

[37] Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, “ Design of dataway processor for parallel image signal processing system,” Visual Communications and Image Processing ’95 (VCIP ’95), Proceedings of SPIE, Vol.2501, pp.355-365, Taipei, May 1995

[38] Tomoko Sawabe, Junji Suzuki, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, “Evaluation of MPEG2 performance for Super High Definition Images,” Proceedings of the International Workshop on HDTV ‘94, pp.183-190, Turin, Italy, October 1994



[39] Sadayasu Ono, Naohisa Ohta, Tetsuro Fujii, “Media Integration Platform on Super High Definition Images - Parallel Digital Signal Processor Approach,” High-Definition Video, Proceedings of SPIE, Vol.1976, pp.224-235, Berlin, April 1993

[40] Tatsuya Fujii, Tomoko Sawabe, Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, “Performance Required of a Real-time Super High Definition Image Processing System,” International Workshop on HDTV ’92, pp.597-604, Kawasaki, Japan, November 1992

[41] Tatsuya Fujii, Tomoko Sawabe, Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Sadayasu Ono, “Design of Multiprocessor DSP Chip Set for Super High Definition Image Processing,” Visual Communications and Image Processing ’92 (VCIP ’92), Proceedings of SPIE, Vol.1818, pp.1574-1585, Boston, November 1992

[42] Tetsuro Fujii, Isao Furukawa, Sadayasu Ono, “Motion Video Sequence Processing System for Super High Definition Images,” Society for Information Display, 1992 International Symposium (SID’92), No.17.2, pp.310-313, Boston, May 1992

[43] Tetsuro Fujii Sadayasu Ono, “Interconnection network switch design for parallel DSP systems,” 1992 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS ‘92), pp.1517-1520, San Diego, May 1992

[44] Tomoko Sawabe, Tetsuro Fujii, Hiroshi Nakada, Naohisa Ohta, Sadayasu Ono, “A 12.8 GFLOPS Multi-DSP System for Super High Definition Image Processing,” 1992 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP ’92), Vol.3, pp.533-536, March 1992

[45] Tetsuro Fujii, Tomoko Sawabe, Naohisa Ohta, Sadayasu Ono, “Super High Definition Image Processing on a Parallel Signal Processing System,” Visual Communications and Image Processing ’91, Proceedings of SPIE Vol.1605, pp.339-350, Boston, November 1991

[46] Tomoko Sawabe, Tetsuro Fujii, “An Experimental Super High Definition Image Processing System for ATM Networks,” Packet Video 91, October 1991

[47] Tetsuro Fujii, Tomoko Sawabe, Naohisa Ohta, Sadayasu Ono, “Implementation of Super High Definition Image Processing on HiPIPE,” 1991 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS ’91), pp.348-351, Singapore, June 1991

[48] Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, “Source Coding of Super High Definition Images with Discrete Cosine Transform,” Visual Communications and Image Processing, Proceedings of SPIE Vol.1360, pp.814-825, Lausanne, Switzerland, October 1990

[49] Tetsuro Fujii, Tomoko Sawabe, Naohisa Ohta, Sadayasu Ono, “Parallel DSP implementation for Super High Definition image Processing,” 1990 International Conference on Parallel Processing (ICPP ‘90), Vol.III, pp.366-367, Chicago, August 1990

[50] Tetsuro Fujii, Tomoko Sawabe, Naohisa Ohta, Sadayasu Ono, “A study on source coding of super definition image with vector quantization,” 1990 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS ’90), pp.227-230, New Orleans, May 1990

[51] Naoya Sakurai, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, “Layered I/O Architecture in a Multicomputer Type DSP System for Video Signal Processing,” 1989 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS ’89), pp.242-245, Portland, Oregon, May 1989

[52] Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, “Stochastic Analysis of Encoded Information in a Low Bit-rate Video Coding,” IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT’88), Kobe, Japan, June 1988

[53] Tetsuro Fujii, Mitsuru Nomura, Naohisa Ohta, “Characterization of Variable Rate Inter-frame Coding for ATM-based Networks,” IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM’88), pp.1063-1069, November 1988

[54] Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, “Quality based Adaptive Frame-rate Control in Low Bit-rate Video Coding,” 2nd International Workshop on Packet Video 1988, PCS88, Torino, Italy, September 1988

[55] Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, “Layered Packet-Loss Protection for Variable Rate Video Coding Using DCT,” 2nd International Workshop on Packet Video 1988, PCS88, Torino, Italy, September 1988

[56] Naohia Ohta, Tetsuro Fujii, Yukiharu Kanayama, Sadayasu Ono, “Performance of a Multicomputer Type DSP System "NOVI" for Motion Picture Coding,” 1988 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS’88), Vol.3, pp.2305-2308, Finland, June 1988

[57] Naohisa Ohta, Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, “Variable Rate Video Coding Using Motion-Compensated DCT for Asynchronous Transfer Mode Networks,” IEEE International Conference on Communications (ICC’88), 38.6.1, pp.1257-1261, Philadelphia, June 1988

[58] Naohisa Ohta, Tetsuro Fujii, “Homogeneous Multicomputer Type DSP System NOVI for Parallel Signal Processing,” IEEE International Conference on Systolic Arrays, pp.601-610, San Diego, May 1988

[59] Yukiharu Kanayama, Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, Sadayasu Ono, “Architecture and Performance of a Multicomputer type Digital Signal Processing System "NOVI",” 1988 IEEE International Conference on Acoustics Speech, and Signal Processing (ICASSP’88), Vol.4.5, pp.2104-2107, New York, April 11-14, 1988

[60] Tetsuro Fujii, Naohisa Ohta, “A Load Balancing Technique for Video Signal Processing on a Multicomputer Type DSP,” 1988 IEEE International Conference on Acoustics Speech, and Signal Processing (ICASSP’88), V1.6, pp.1981-1984, New York, April 11-14, 1988

[61] Naohisa Ohta, Mitsuru Nomura, Tetsuro Fujii, “Characteristics of Variable Rate Video Coding with Motion Compensated DCT for Burst/Packetized Communications,” IEEE COMSOC International Workshop on Future Prospects of Burst/Packetized Multimedia Communications, No.4-3, Osaka, November 1987

[62] Shoji Shimada, Tetsuro Fujii, “Stability and Insertion Loss Required for Audio Conference Bridgeas,” 1986 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP’86), 26.8.1, pp.1329-1332, Tokyo, April 1986

紀要

[1] 藤井哲郎、依田春奈「4K 超高精細映像のインターネット流通に関する検討」東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル、第11号、pp.56-61、2010年4月

[2] 藤井哲郎、藤井竜也「東京国際映画祭オープニングの4K/60P超高精細映像伝送」東京都市大学環境情報学部紀要、第11号、pp.14-22、2010年2月28日

[3] 藤井哲郎「超高精細画像のデジタルサイネージへの適用」武蔵工業大学環境情報学部紀要、第10号、2009年2月

解説記事及び招待講演

[1]藤井哲郎「デジタルシネマの最新動向」画像ラボ、Vol.21、No.6、pp.17-22、2010年6月

[2]藤井哲郎「ディジタルシネマの最新動向」映像情報メディア学会誌、Vol.63、No.12、pp.1761-1764、2009年12月

[3]藤井哲郎「4Kデジタルシネマの双方向通信アプリケーション展開」、第70回応用物理学会学術講演会、特別講演、8p-ZN-1/0、2009年9月8日

[4]Tetsuro Fujii, “4K Digital Cinema and its Alterative Network Applications,” First International Symposium on Universal Communication, NICT, No.5-4, Kyoto, June 2007

[5]藤井哲郎、「ディジタルシネマの最新動向-ディジタルシネマにおけるセキュリティ」映像情報メディア学会誌、Vol.61、No.5、pp.583-586、2007年5月

[6]藤井哲郎、「平成18年度光技術動向調査委員会報告書 4.2.9 デジタルシネマ」財団法人光産業技術振興協会、平成19年3月、2007年3月

[7]藤井哲郎、「デジタルシネマと通信ネットワーク」応物学会、Optics Japan 2005、2005年11月24日

[8]藤井哲郎、「招待論文:超高精細映像のネットワーク配信」映像情報メディア学会技術報告、Vol.28、No.66、IDY2004-85、AITS2004-118、pp.3-8、2004年11月5日

[9]藤井哲郎、「ディジタルシネマの標準化とその最新動向」、情報処理学会誌、Vol.45、No.11、通巻477号、pp.1157-1163、2004年11月

[10]藤井哲郎、「招待論文: 超高精細ディジタルシネマの高速ストリーム配信」電子情報通信学会、信学技報、PN2004-3、pp.11-16、2004年4月

[11]山口高弘、藤井哲郎、「超高精細画像表示技術」電子情報通信学会誌、Vol.87、No.4、pp.339-341、2004年4月

[12]藤井哲郎「平成15年度光技術動向調査委員会報告書 4.3.2 プロジェクターの電子シネマ応用」財団法人光産業技術振興協会、平成16年3月、2004年3月

[13]藤井哲郎、「ブロードバンドネットワークスによる超高精細映像配信システムの動向」画像電子学会誌、第33巻、第1号、pp.101-109、2004年1月

[14]藤井哲郎、「ブロードバンド時代に向けた通信技術動向」日本画像学会誌、第42巻第1号(143号)、pp.51-55、2003年1月

[15]藤井哲郎、「光ネットワークを活用する大容量映像コンテンツ配信」O plus E、2003年1月号、Vol.25、No.1、pp.65-72、2003年1月

[16]藤井哲郎「平成14年度光技術動向調査委員会報告書 4.4.2 ディジタルシネマ」財団法人光産業技術振興協会、pp.258-260、平成15年3月

[17]藤井哲郎、藤井竜也、萩本和男、小野定康、青山友紀、「招待論文:次世代ディジタルシネマとそのネットワーク配信実験」電子情報通信学会、信学技法、EID2002-30、pp.1-6、2002年9月

[18]藤井哲郎、中村昌志、「超高精細ディジタルシネマとそのネットワーク配信~『Tomb Raider』の800万画素ディジタル上映実験~」映画テレビ技術、No.599、pp.33-37、2002年7月

[19]藤井哲郎「映画が変わる-ディジタルシネマの世界~ITUにおける標準化活動と日本における動向」ITUジャーナル、Vol.32、No.9、pp.36-39、2002年9月

[20]藤井哲郎、「特集:実用化を目指す光インターコネクション:超高精細画像を用いた医療情報ネットワークの実現」OPTRONICS、No.9、pp.156-161、1996年9月

[21]山内寛紀、藤井哲郎、「特別招待講演:マルチメディア時代におけるLSI - MPEG2を中心として-」電子情報通信学会、信学技法、ディジタル信号処理研究会、1995年10月

[22]小野定康、藤井哲郎、「マイクロプロセッサシステム開発環境の動向」電子情報通信学会誌、Vol.76、No.7、pp.738-743、1993年7月

NTTのR&D技術誌

[1]Kazuhiro Shirakawa, Mitsuru Nomura, Katsuhiro Ishimaru, Takahiro Yamaguchi, Tetsuro Fujii, “NTT Technology Supporting Digital Cinema,” NTT Technical review, Vol.4, No.7, pp.23-28, July 2006

[2]Hideki Sakamoto, Kenichi Minami, Kazuhiro Shirakawa, Tetsuro Fujii, Yukihiro Saito, Hiroshi Yamane, “The “4K Pure Cinema” Joint Digital Cinema Trial,” NTT Technical review, Vol.4, No.7, pp.18-22, July 2006

[3]Takahiro Yamaguchi, Daisuke Shirai, Tatsuya Fujii, Tetsuro Fujii, “SHD Digital Cinema Distribution over a Global High-speed Network: Internet2,” NTT Technical Review, Vol.1 No.5, pp.10-15, August 2003

[4] 藤井哲郎、萩本和男、小野定康、「超高精細(SHD)映像流通プラットフォーム」NTT R&D、Vol.50、N0.8、pp.534-537、2001年8月

[5] 藤井竜也、野村充、藤井哲郎、「超高精細(SHD)画像システムによるディジタルシネマの実現」NTT R&D、Vol.50、N0.8、pp.538-544、2001年8月

[6] 鈴木純司、藤井哲郎、澤邉知子、「超高精細画像信号処理技術 - 超高精細画像符号化アルゴリズムと処理システム」NTT R&D、Vol.43、No.5、pp.69-76、1994年5月

[7] 藤井哲郎、藤井竜也、「超高精細画像信号処理技術 - 画像表示システム」NTT R&D、Vol.43、No.5、pp.85-92、1994年5月

研究会

[1]北村匡彦、室岡孝宏、手島光啓、葉玉寿弥、高原厚、藤井哲郎「4K映像ストリーミングにおけるネットワーク擾乱のQoEに関する一考察」電子情報通信学会、IN研究会、信学技報、Vol.108、no.458、IN2008-204、pp.429-432、2009年3月

[2]仲地孝之、澤邉知子、鈴木純司、藤井哲郎、「フィルタバンクを用いた非オクターブ型スケーラブル符号化法の検討」電子情報通信学会、信学技法、信号処理研究会、SIP2004-5、Vol.104、No.31、pp.23-28、2004年4月

[3]白井大介、山口高弘、清水敬司、野村充、白川千洋、藤井哲郎、「TCPマルチコネクションを用いた超高精細動画像の長距離・高速ストリーム伝送実験」電子情報通信学会、信学技報、CS2003-126、IE2003-116、pp.11-16、2003年12月

[4]藤井哲郎、藤井竜也、萩本和男、小野定康、青山友紀、「招待論文:次世代ディジタルシネマとそのネットワーク配信実験」電子情報通信学会、信学技法、EID2002-30、pp.1-6、2002年9月

[5]「800万画素超高精細動画像のIP伝送システムとそのディジタルシネマ配信への応用」画像電子学会、VMA(Versatile Media Appliance)研究会、2002年7月

[6]藤井哲郎、田中裕之、小野定康、「デスクトップ型高精細画像ステーション」画像電子学会、第152回研究会、96-02-08、pp.29-32、1996年9月6日

[7]山田一久、林一博、藤井哲郎、「プログラマブルATMアダプタによるシェーピング機能の実現」電子情報通信学会、信学技報、1996年3月

[8]石丸勝洋、藤井哲郎、澤邉知子、鈴木純司、小野定康、「MPEG2符号化超高精細動画像のATM伝送特性」電子情報通信学会、信学技法、ディジタル信号処理、DSP-95-154、Vol.95、No.487、pp.25-30、1996年1月

[9]藤井哲郎、藤井竜也、石丸勝洋、小野定康、「マルチメディア通信用超高精細画像システム」情報処理学会、システムソフトウェアとオペレーティング・システム71-23、マルチメディア通信と分散処理73-23、pp.129-134、1995年12月

[10]山内寛紀、藤井哲郎、「特別招待講演:マルチメディア時代におけるLSI - MPEG2を中心として-」電子情報通信学会、信学技法、ディジタル信号処理研究会、1995年10月

[11]藤井竜也、木村直宏、藤井哲郎、小野定康、「FPGAを用いたプログラマブルな高速通信ネットワークHUB装置」電子情報通信学会、信学技報、1995年9月

[12]藤井哲郎、藤井竜也、石丸勝洋、「超高精細画像システム用プロトコルの評価」電子情報通信学会、信学技報、SSE95-92、IN95-63、CS95-112、pp.133-138、1995年9月

[13]藤井哲郎、野村充、「Wavelet変換について(5)」電子情報通信学会、信学技法、ディジタル信号処理、DSP92-11、Vol.92、No.20、pp.73-77、1992年4月

[14]藤井哲郎、澤邉知子、太田直久、小野定康、「超高精細画像処理用並列DSPシステムの構成」電子情報通信学会、信学技報、コンピュータシステム研究会、CPSY90-30、pp.101-112、1990年7月19日

[15]藤井哲郎、太田直久、小野定康、「マルチプロセッサによる並列信号処理」電子情報通信学会、信学技報、pp.143-148、1988年5月

[16]小野定康、太田直久、藤井哲郎、「マルチコンピュータタイプ信号処理システムにおけるデータフロー概念」電子情報通信学会、信学技報、データフローアーキテクチャと並列処理時限研究専門委員会、pp.191-197、1987年10月

[17]Naohisa Ohta, Tetsuro Fujii, Yukiharu Kanayama, Sadayasu Ono, “High Performance Multicomputer Type DSP System “NOVI”,” 電子情報通信学会、信学技報、CAS87-60、pp.63-68、1987年7月21日

[18]野村充、藤井哲郎、太田直久、「高能率映像符号化における情報量変動のモデル化」電子情報通信学会、信学技報、IN87-39、pp.7-11、1987年7月

[19]野村充、藤井哲郎、太田直久、「高能率映像符号化に於いて生ずる情報量のバース性について」電子情報通信学会、信学技報、CAS86-246、pp.59-64、1987年3月

[20]島田正治、藤井哲郎、「多地点間通信における音声加算の所要挿入損失」電子情報通信学会、信学技報、CS85-67、pp.55-60、1985年8月

[21]藤井哲郎、島田正治、「多チャンネルエコーキャンセラーの一構成法」電子情報通信学会、信学技報、CAS84-229、pp.7-14、1985年3月

[22]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「M系列をテスト信号として用いた最小2乗型エコーキャンセラ」電子通信学会、信学技報、CS83-142、pp.1-7、1983年12月

[23]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「疑似逆特性を用いた周波数サンプリング形自動等化器」情報理論とその応用研究会、O-3、pp.379-384、1983年11月

[24]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「誤差信号帰還部に付加回路を有するノイズ・キャンセラ」電子通信学会、信学技報、CAS83-54、pp.63-70、1983年7月

[25]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「自動等化器のタップ係数修正アルゴリズムに関する一考察」電子通信学会、信学技報、CAS82-196、CS82-155、pp.69-76、1983年3月

[26]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「周波数サンプリング形自動等化器へのダブルサンプリング方式の適用」電子通信学会、信学技報、CS81-39、pp.73-78、1981年5月

[27]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「Least-Squares法を用いた周波数サンプリング形自動等化器」電子通信学会、信学技報、CS81-38、pp.67-72、1981年5月

[28]藤井哲郎、原島博、宮川洋、「周波数サンプリングフィルタを用いた自動等化器」情報理論とその応用研究会、I-3、pp.234-240、1980年11月

[29]藤井哲郎、小田島薫、原島博、宮川洋、「Sliding DFTに関する一考察」電子通信学会、信学技報、CS80-132、pp.67-72、1980年9月

[30]藤井哲郎、神竹孝至、原島博、宮川洋、斉藤陽一、「誘発脳波のエントロピー解析」電子通信学会、信学技報、MBE79-25、pp.21-28、1979年9月

[31]藤井哲郎、神竹孝至、小野諭、渡辺広次、原島博、宮川洋、斉藤陽一、「ミニコンピュータを用いた誘発脳波測定システム」電子通信学会、信学技報、EM79-24、pp.51-54、1979年3月

全国大会、シンポジウム

[1]藤井哲郎、神竹孝至、原島博、宮川洋、「光刺激誘発脳波の情報論的解析」昭和54年度電子通信学会情報・システム部門全国大会、164、pp.164、1979年9月

[2]神竹孝至、藤井哲郎、原島博、宮川洋、「自己回帰モデルの特徴量抽出について」昭和55年度電子通信学会総合全国大会、1156、pp.5-183、1980年3月

[3]神竹孝至、藤井哲郎、原島博、宮川洋、「多変量フォルマント解析法とその脳波解析への応用」第19回日本ME学会大会、医用電子と生体工学、第18巻、2-E-4、pp.536-537、1980年?月

[4] 藤井哲郎、原島博、宮川洋、「周波数サンプリングフィルタによる自動等化」昭和56年度電子通信学会総合全国大会、164、1740、1981年4月

[5] 藤井哲郎、原島博、宮川洋、「アダマール変換を用いた自動等化器」信学情報・システム全国大会、249、1981年?月

[6] 藤井哲郎、原島博、斉藤陽一、「適応フィルタの脳波解析への応用」第11回日本脳波・筋電図学会学術大会、II-F-02、1981年12月

[7] 藤井哲郎、原島博、宮川洋、斉藤陽一、「周波数サンプリングフィルタによる適応信号処理」第21回日本ME学会大会、1-PD-6、1982年5月

[8] 藤井哲郎、原島博、宮川洋、「周波数サンプリング形適応フィルタの原理と応用」昭和57年信学通信、光・電波全国大会、S1-25、1982年?月

[9] 藤井哲郎、原島博、宮川洋、「タップ係数修正ベクトルとして参照信号を用いる自動等化器の構成法」昭和58年信学総合全国大会、1837、1983年4月

[10] 藤井哲郎、原島博、宮川洋、「Zero-Forcing形自動等化器における高速収束アルゴリズム」昭和58年信学情報・システム全国大会、251、1983年9月

[11]藤井哲郎、島田正治、「雑音消去機能を有するエコーキャンセラの検討」昭和60年度電子通信学会総合全国大会、2299、pp.10-12、1985年3月

[12]藤井哲郎、「予測誤差信号をタップ係数修正ベクトルとして用いた長伝播用エコーキャンセラ」昭和60年度電子通信学会情報・通信部門全国大会、361、pp.2-102、1985年9月

[13]藤井哲郎、野村充、太田直久、「バースト多重による映像伝送の検討」昭和61年度電子通信学会通信部門全国大会、S8-1、pp.1-303-304、1986年9月

[14]野村充、藤井哲郎、太田直久、「バースト多重に於ける符号化アルゴリズムの検討」1986年度画像符号化シンポジウム(PCSJ86)、6.1、pp.71-72、1986年9月

[15]野村充、藤井哲郎、太田直久、「バースト多重映像伝送における可変レート符号化特性の検討」電子情報通信学会創立70周年記念総合全国大会(昭和62年)、1147、pp.5-43、1987年3月

[16]藤井哲郎、太田直久、「マルチプロセッサ型DVSPにおけるタスク割り付けの一手法」電子情報通信学会創立70周年記念総合全国大会(昭和62年)、1662、pp.7-6、1987年3月

[17]金山之治、藤井哲郎、太田直久、小野定康、「マルチコンピュータ型DSP"NOVI"の構成」1987年度画像符号化シンポジウム(PCSJ87)、No.3-4、pp.43-44、1987年9月

[18]藤井哲郎、太田直久、「マルチコンピュータ型DSPにおける画像符号化アルゴリズムのスケジューリング」1987年度画像符号化シンポジウム(PCSJ87)、No.3-5、pp.45-46、1987年9月

[19]野村充、藤井哲郎、太田直久、「可変レート映像符号化における品質向上量評価」1987年度画像符号化シンポジウム(PCSJ87)、No.7-3、pp.101-102、1987年9月

[20]沢辺知子、藤井哲郎、太田直久、「マルチコンピュータ型DSPシステムにおける適応フィルタアルゴリズムの分割に関する一検討」第10回情報理論とその応用シンポジウム(SITA’87)、JC4-3、1987年11月

[21]小野定康、太田直久、藤井哲郎、「並列処理技術とDSP」電子情報通信学会、第2回ディジタル信号処理シンポジウム、A-3-1、pp.163-170、1987年12月

[22]沢辺知子、藤井哲郎、小野定康、「マルチコンピュータ型DSPシステムのプログラム開発環境について」昭和63年電子情報通信学会春季全国大会、1988年3月

[23]桜井尚也、藤井哲郎、太田直久、「マルチコンピュータシステムの実時間処理用I/Oシステムの一検討」昭和63年電子情報通信学会春季全国大会、D-192、pp.2-184、1988年3月

[24]野村充、藤井哲郎、太田直久、「DCTを用いたフレーム間符号化におけるセル廃棄の影響とその対策について」1988年度画像符号化シンポジウム(PCSJ88)、No.6-5、pp.85-86、1988年9月

[25]金山之治、藤井哲郎、「マルチコンピュータ型DSPシステム"NOVI"の高性能化」昭和63年電子情報通信学会秋季全国大会、A-44、pp.A-1-44、1988年9月

[26]澤邉知子、藤井哲郎、「マルチDSPによる超高精細画像符号化処理に関する検討」電子情報通信学会、第4回ディジタル信号処理シンポジウム、A-3-5、pp.157-162、1989年12月1日、2日

[27]澤邉知子、藤井哲郎、「マルチDSPによる高精細画像符号化装置の実現に関する検討」1990年電子情報通信学会春季全国大会、D-371、pp.7-123、1990年3月

[28]藤井哲郎、澤邉知子、太田直久、小野定康、「ディジタルシグナルプロセッサの本命は? 映像伝送への応用」第3回回路とシステム軽井沢ワークショップ、1990年4月

[29]澤邉知子、藤井哲郎、「並列処理型超高精細画像処理システムの構成」1991年電子情報通信学会秋季大会、1991年9月

[30]藤井竜也、藤井哲郎、沢邉知子、太田直久、小野定康、「超高精細画像符号化シミュレーションシステム」1991年画像符号化シンポジウム(PCSJ91)、1991年10月

[31]中田宏、藤井哲郎、太田直久、桜井尚也、「マルチコンピュータ型信号処理システム用120MFLOPSベクトルプロセッサボード」電子情報通信学会、第6回ディジタル信号処理シンポジウム、A-2-4、pp.67-72、1991年11月26日

[32]藤井哲郎、「ハードウェア設計記述言語の信号処理プロセッサ設計への応用」1992年電子情報通信学会春季大会、PA-3-7、pp.1-505-506、1992年3月

[33]藤井竜也、澤邉知子、藤井哲郎、小野定康、「超高精細画像用並列処理システム」1992年電子情報通信学会春季大会、D-473、pp.7-215、1992年3月

[34]澤邉知子、藤井哲郎、中田広、太田直久、小野定康、「12.8GflopsマルチDSPシステムNOVI-II HiPIPE」電子情報通信学会、第5回回路とシステム軽井沢ワークショップ、pp.357-362、1992年4月

[35]藤井哲郎、沢邉知子、中田広、太田直久、小野定康、「12.8Gflops並列DSPシステムNOVI-II HiPIPEの構成」並列処理シンポジウムJSSP’92、pp.321-328、1992年6月

[36]小野定康、太田直久、藤井哲郎、澤邉知子、「画像処理用並列形超高速ディジタル信号処理システムNOVI-2 HiPIPE」テレビジョン学会技術報告、コンピュータビジョン研究会、1992年6月24日

[37]澤邉知子、藤井竜也、藤井哲郎、小野定康、「マルチDSPシステム上における超高精細画像符号化処理の評価」電子情報通信学会、第7回ディジタル信号処理シンポジウム、A4-2、pp.262-266、1992年11月5日、6日

[38]野村充、藤井哲郎、「並列信号処理システム用COREプロセッサの設計」1993年電子情報通信学会春季大会、C-593、pp.5-223、1993年3月

[39]野村充、澤邉知子、藤井竜也、藤井哲郎、「Scalable Datawayアーキテクチャに基づく柔軟な並列信号処理システムの構成法」電子情報通信学会、第6回回路とシステム軽井沢ワークショップ、pp.483-488、1993年4月

[40]澤邉知子、野村充、藤井哲郎、「マルチDSPシステム上における3次元FFT」1993年電子情報通信学会秋季大会、D-236、pp.6-238、1993年9月

[41]澤邉知子、藤井哲郎、「マルチDSPシステム上における3次元FFTの実現について」電子情報通信学会、第8回ディジタル信号処理シンポジウム、J1-4、pp.23-28、1993年10月27日

[42]藤井竜也、藤井哲郎、小野定康、「プログラマブルATMネットワークインタフェースの一構成法」1994年電子情報通信学会春季大会、1994年3月

[43]野村充、藤井哲郎、「並列信号処理システム用通信プロセッサの設計」1994年電子情報通信学会秋季大会、1994年9月

[44]野村充、藤井哲郎、小野定康、「並列信号処理システム用Datawayプロセッサの設計」電子情報通信学会、第9回ディジタル信号処理シンポジウム、B3-3、pp.229-234、1994年11月10日、11日

[45]木村直宏、藤井竜也、藤井哲郎、「ハードウェア記述言語によるプログラマブルATMインタフェースの実現法」1995年電子情報通信学会春季大会、1995年3月

[46]藤井竜也、藤井哲郎、小野定康、「FPGAとHDLによるプログラマブルはHIPPI-ATMインタフェース」1995年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会、B-589、pp.256、1995年9月

[47]小野定康、藤井哲郎、鈴木純司、古川功、安藤裕、「超高精細画像を用いたATM医療情報通信システム」1996年電子情報通信学会総合大会、SB-12-9、pp.799、1996年3月

[48]藤井竜也、木村直宏、藤井哲郎、小野定康、「プログラマブルなHIPPI-STM4変換インタフェースによる622MbpsATM-CLAD」1996年電子情報通信学会総合大会、1996年3月

[49]小野定康、太田直久、藤井哲郎、古川功、鈴木純司、安藤裕、北村正幸、小笠原克彦、芦原司、「Super PACSについて」1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会、D-110、pp.111、1996年9月

[50]石丸勝洋、藤井哲郎、澤邉知子、鈴木純司、小野定康、「MPEG2を用いた超高精細動画像のATM伝送における遅延特性」1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会、1996年9月

[51]田中裕之、藤井哲郎、「TCP/IPにおけるサービスクラス別伝送パス選択方式の検討」1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会、1996年9月

[52]野村充、木村直宏、藤井哲郎、「超高精細画像の高速表示システムの開発」1997年電子情報通信学会総合大会、1997年3月

[53]田中裕之、木村直宏、野村充、藤井哲郎、「上位レイヤプロトコル情報を用いたサービスクラス別ATMスイッチ」1997年電子情報通信学会総合全国大会、B-7-206、1997年3月

[54]藤井竜也、石丸勝洋、古川功、藤井哲郎、芦原司、秦順一、「超高精細画像による遠隔病理診断システム」1997年電子情報通信学会秋季大会、1997年9月

[55] 古崎和則、三宅茂樹、田中裕之、藤井哲郎、安藤裕、「超高精細画像を用いた医療データベースシステム」1997年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会、D-7-20、pp.58、1997年9月

[56]仲地孝之、澤邉知子、藤井竜也、藤井哲郎、「解像度スケーラビリティを有する動画像可逆符号化法の検討」電子情報通信学会、第16回ディジタル信号処理シンポジウム、B5-5、2001年11月

[57]仲地孝之、澤邉知子、藤井哲郎、「ウェーブレット領域でのイントラ/インターフレーム適応予測法を用いた動画像可逆符号化の検討」電子情報通信学会、第17回ディジタル信号処理シンポジウム、D2-6、2002年11月

[58]白井大介、清水敬司、室岡孝宏、山口高弘、藤井竜也、藤井哲郎、高原厚、小口喜美夫、「TCPマルチコネクションによる800万画素ディジタルシネマの3000km・300Mbpsストリーム伝送実験」2003年電子情報通信学会総合大会、B-7-68、pp.328、2003年3月

[59]仲地孝之、澤邉知子、藤井哲郎、「ウェーブレット領域での多重解像度動き推定を用いた動画像可逆符号化の検討」2003年電子情報通信学会総合大会、D-11-18、pp.18、2003年3月

[60]山口高弘、白井大介、藤井竜也、野村充、藤井哲郎、小野定康、「長距離・高速ネットワークに対応した800万画素ディジタルシネマシステム」2003年電子情報通信学会総合大会、D-11-78、pp.78、2003年3月

[61]石丸勝洋、白井大介、山口高弘、清水敬司、白川千洋、鈴木純司、藤井哲郎、青山友紀、「JGNを介した800万画素ディジタルシネマ転送」2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会、2003年9月

[62]山口高弘、白川千洋、仲地孝之、藤井哲郎、「JPEG2000を用いたディジタルシネマとそのネットワーク配信」電子情報通信学会、第18回ディジタル信号処理シンポジウム、A7-3、2003年11月

[63]仲地孝之、澤邉知子、鈴木純司、藤井哲郎、「JPEG2000拡張に基づく非オクターブ型スケーラビリティー実現法の検討」電子情報通信学会、第18回ディジタル信号処理シンポジウム、D5-2、2003年11月

[64]仲地孝之、藤井哲郎、「超高精細画像のスケーラブル配信に適した埋め込み型符号化法の検討」電子情報通信学会、第19回信号処理シンポジウム、C4-3、2004年11月

[65]外村喜秀、仲地孝之、藤井哲郎、「デジタルシネマテスト画像StEMに対するJPEG2000の特性評価」電子情報通信学会、第19回信号処理シンポジウム、C2-4、2004年11月

[66]外村喜秀、仲地孝之、藤井哲郎、「JPEG2000における色差信号フォーマットのスケーラブル変換」2005年電子情報通信学会総合大会、A-4-3、pp.84、2005年3月

[67]山口高弘、白井大介、野村充、白川千洋、藤井哲郎、「超高精細4K動画像対応JPEG2000リアルタイムデコーダの開発」2005年電子情報通信学会総合大会、D-11-74、pp.74、2005年3月

[68]外村喜秀、仲地孝之、藤井哲郎、「ディジタルシネマにおけるコンポーネント間レート制御に関する一考察」2006年電子情報通信学会総合大会、A-20-11、pp.344、2006年3月

[69]高橋宏和、室岡孝宏、豊島鑑、上松仁、藤井哲郎、「4Kディジタルシネマストリーム分岐装置の実装と評価」2006年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会、BS-5-1、pp.S-13、2006年9月

[70]Duncan Chen、仲地孝之、外村喜秀、藤井哲郎、「解像度スケーラブル機能を有するDistributed Video Codingの高符号化効率に関する検討」電子情報通信学会、第21回信号処理シンポジウム、B7-2、2006年11月

[71]北村匡彦、室岡孝宏、澤邉知子、高原厚、藤井哲郎、坊農真弓、黒田知宏「手話映像伝送のための高精細・高フレームレート映像の品質評価」電子通信情報学会全国大会、A-15、2010年3月

[72]松本頼明、藤井哲郎、室岡孝宏「ネットワーク品質の時刻同期した主観評価方式の検討」電子情報通信学会、通信ソサイエティ大会、B-11-5、2010年9月16日