メニューを飛ばします

LCAとは

LCA(ライフサイクルアセスメント)とは、製品やサービスの一生(製品のゆりかごから墓場まで)にかかる環境負荷を定量的にはかるための評価方法です。 企業の環境マネジメントを構築するための手法として国際的に認められており、LCAの実施手順はISO(国際標準規格)に規定されています。

例えば、ある1つの製品を思い浮かべてみましょう。

その製品を作るために必要な材料-例えばアルミニウム、その鉄を作るために必要な資源-ボーキサイトがあります。 このボーキサイトの採掘工程から製品のライフサイクルは始まります。 材料から製品を製造し、使用され、最終処分として廃棄やリサイクルがあり、それを製品の一生と考えます。

製品のライフサイクル全体で、使用されるエネルギーや天然資源、また、ライフサイクル全体から環境負荷(排出される大気汚染物質、水質汚濁物質)廃棄物、副製品などを定量的、客観的かつ科学的に分析し、環境影響の可能性の評価を行うのがLCAです。

そのため結果がわかりやすい特徴があります。

ライフサイクルのイメージ

ライフサイクル

結果の一例

テレビの事例

特別講演 ライフサイクルで考えよう

オープンキャンパスの際に実施された「ティーチイン」企画でハイブリッドカーを例にLCAを紹介しています。