東京都市大学伊坪研究室

プロジェクト概要

研究代表者

伊坪徳宏

伊坪 徳宏 (Norihiro Itsubo)

東京都市大学環境学部 教授

東京都市大学(旧 武蔵工業大学)環境学部教授、総合研究所環境影響評価手法研究センター長。
1970年2月21日生まれ。1998年東京大学工学系研究科材料学専攻修了卒業、博士(工学)。
1998年から社団法人産業環境管理協会において経済産業省LCA国家プロジェクトでライフサイクル影響評価手法を開発。2001年から独立行政法人産業技術総合研究所ライフサイクルアセスメント研究センターにおいて環境影響評価手法LIMEの開発と産業界への応用研究に従事。2005年から東京都市大学(旧 武蔵工業大学)環境情報学部准教授。2011年から東京都市大学総合研究所環境影響評価手法研究センター長。2013年から東京都市大学(旧 武蔵工業大学)環境学部教授。

近藤康之

近藤 康之 (Yasushi Kondo)

早稲田大学政治経済学術院 教授

1995年早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。1999年筑波大学大学院博士課程社会工学研究科退学。2000年博士(社会経済)(筑波大学)。
1999年富山大学経済学部講師。2002年早稲田大学政治経済学部助教授。2006年より現職。2009年~2011年ノルウェー科学技術大学産業エコロジープログラム客員教授。専門分野は応用計量経済学、産業エコロジー。主な研究テーマは産業連関分析に基づく廃棄物・循環資源マネジメントの評価手法開発とその応用。

田原聖隆

田原 聖隆 (Kiyotaka Tahara)

国立研究開発法人産業技術総合研究所安全科学研究部門社会とLCA研究グループ研究 グループ長

1970年3月23日生まれ。1998年成蹊大学大学院工学研究科工業化学専攻博士後期 課程修了、博士(工学)。
博士課程の時よりLCA研究に従事し、LCAによる再生可能 エネルギーによる発電技術の評価、乾燥地植林評価などで学位取得。1997年から2年間、日本学術振興会特別研究員。廃棄物処理技術、自動車のLCAを実施。1999 年より2年間、科学技術振興事業団博士研究員。乾燥地緑化プロジェクトで土壌科学、植物生理学に関する研究に従事。2001年、産業技術総合研究所ライフサイ クルアセスメント研究センターに入所。LCAソフトウエア開発、インベントリ分析、インベントリデータ開発、環境効率、持続可能な消費に関する研究に従事。現在、安全科学研究部門社会とLCA研究グループにて引き続き研究を実施。

プロジェクトの目標

  • 最新のインベントリデータベースと環境影響評価手法に基づく環境ホットスポット分析手法の開発を行う。
  • 科学的な方法を駆使して100品目を対象とした環境ホットスポット分析を行う。
  • 分析結果は、専門家による「グリーンイノベーションのための羅針盤」として国、自治体、企業、消費者に広く報告される。
  • 本プロジェクトの成果は環境ラベル(タイプ1と3)の信頼性を高めるべく社会実装されるとともに、合理的な審査基準の下で調達品目の選択を促進する改正グリーン購入法施行の基盤として活用されることが期待される。

プロジェクトの概要

現在のグリーン購入法に基づく特定調達品目の審査基準は、多岐に分かれる環境問題を考慮するものの、マテリアリティ(重要性)に関わる情報が不足しており、エコプロダクツの差別化に十分な効果が発揮されていない。「科学的な方法に基づいた環境影響の削減ポイント」と「エコプロダクツによる環境影響削減量」が社会全体で共有されることがグリーン調達の推進に必要不可欠である。

本プロジェクトでは、LCA研究を牽引する学識経験者が中心となって、環境ホットスポット分析手法を開発する。さらに、科学者と環境ラベルのプログラムホルダーが中心となって、環境ホットスポット分析を実施するとともに、その結果をパブリックコメントや消費者団体を含むすべてのステイクホルダーとの協議の場に提供する。これらの意見を反映したホットスポット分析結果を報告書として発行する。

以上の検討を通じて、国や地方自治体に「政府特定調達品目の判断基準」を、企業には「エコイノベーション推進のための羅針盤」を、消費者に「真のエコプロダクツを購入するための明快な環境情報」を与える。それらの成果をエコイノベーションの継続的創出につなげることで「サステナビリティ社会」の構築へと導くことを目指す。

【課題①】インベントリデータベース、影響評価手法の開発

3つの機関が分担し、【上流DB】【下流DB】【影響評価係数】を開発

課題1 上流DB 下流DB 影響評価係数

【課題②】環境ホットスポット分析の実施(100製品)

※製品名をクリックすると詳細が表示されます。

評価対象 機能単位 評価シナリオ
レトルト食品 レトルト食品1[kg]製造から廃棄まで 国内で製造、家庭で使用した後、一般ごみとして焼却され、残渣を埋め立て処理
カラー複写機 カラー複写機1[台] 製造・使用・廃棄まで 国内で製造、5年使用した後、リサイクル施設に運ばれ再生、埋め立て処理