紀要トップ
     
    武蔵工業大学環境情報学部紀要
     
    第八号目次  
     
 

T.巻頭言

 1.武蔵工業大学環境情報学部10周年記念号によせて 中村英夫

 2.環境情報学部開設10周年にあたって 増井忠幸

U.論説

 1.特色ある環境情報教育―持続可能社会と地球の実現のために― 増井忠幸

 2.サイバーキャンパスをめざして―情報リテラシーからeラーニングへ― 山田豊通

 3.エクセルギー研究と住環境教育研究のこれまで・これから 宿谷昌則

U.研究論文

 1.悪化する日本の社会環境 富永健一

 2.環境リスクの社会的記憶への構築主義的アプローチ―核戦争の想起と地球温暖化論― 大塚善樹

 3.環境問題の解決を妨げる近代理解の構図 川村久美子

 4.イノベーションへの商品企画マネジメント 沼田 潤

 5.視覚と表示技術 横井利彰

 6.自然言語情報の分析手法と経営学的諸問題への応用 後藤正幸

 7.リスクコミュニケーションにおいて送り手に関する曖昧性が説得効果に与える影響 広田すみれ

 8.中国内蒙古自治区ホルチン沙地における沙漠化/土地劣化防止のための退耕環林政策の現状と課題 吉ア真司,卓 拉,石倉 愛

 9.Similarity of the Conceptual Development Process between EE through a Series of International Discussion and ESD in DESD-IIS Masahisa Sato

10.Community Practices Towards Sustainable Waste Management : A Case Study in Nepal Brenda Bushell,Gopal Datt Bhatta

11.Estimation of Critical Acidification Year of Soil in the Aoba Ward of Yokohama City in Kanagawa Prefecture Hiromi Kobori,Young-Sik Ham,Yoshiki Kai

12.Risk Assessment of Dioxins in Cigarette Smoke Teiichi Aoyama,Komichi Ikeda,Atsushi Takatori,Terry Obal

13.A Comprehensive Study on the Optimized Application Model of Distributed Local Energy Supply System for the Sustainable Redevelopment of a Densely Built-up Area in Tokyo : “The SANCHA VISION 2030” Kazuo Iwamura,Nobuhusa Yoshizawa,Ryozo Ooka,Sanae N amatame,Atsushi Sakakura,Shunichi Tanaka,Satoshi Yoshida,Kiyoshi Miisho

14.Effects of TV Commercials Inserted in Main Programs on Viewers Eiichi Miyasaka,Takahiro Kamada

W.調査報告

 1.サスティナブル・ユビキタス社会実現のための要素技術に関する研究―環境情報と消費者行動― 諏訪博彦,高岡美佳,中原秀樹

 2.ドイツのまちづくり分野のNPO法人の活動実態―登録協会に着目して 室田昌子

 3.英国DBFO道路事業におけるリスクマネジメント 宮本和明,北詰恵一

 4.環境情報学部学生の健康体力(第二報)―1997年度入学生〜2006年度入学生までの10年間の推移について― 門馬伯行

X.提言

 1.ネットワールドの誕生と脅威 家木俊温

 2.「国際」はこれからも本学部のキーワード〜環境情報学部開設10周年に寄せて 櫻井 武

 3.大学の品格 志村正道

編集後記

 


本ホームページ掲載の研究論文並びにそれに類するものの無断掲載を禁じます.
© 2006 Faculty of Environmental and Information Studies, Musashi Institute of Technology