◆生物多様性オフセットとは?

◆生物多様性バンキングとは?

◆国内類似事例

◆BBOPとは?

◆BBOPによる生物多様性オフセットの10原則

カリフォルニアにおける生物多様性オフセット(代償ミティゲーション)事例
(田中,1999)  【PDF, 973KB】   【写真の説明文>


田中研究室の活動・お知らせ

田中章教授が、都市再生機構の「UR くらしのカレッジ」で紹介されました。
記事はこちら

垂直多層植栽実験観察のための特設サイト・Instagramを始めました。

当研究室が行っている垂直多層植栽実験観察のための特設サイト・Instagramを始めました。
特設サイトはこちらから
Instagramはこちら(アカウント名:tanakasemi_suityokutasou)から


当研究室と韓国女子梨花大学との、生物多様性評価に関する学生交流の結果がJSTのHPに掲載されました。
JSTの記事はこちら

田中章教授が、朝日新聞社の「eひと」で紹介されました。
朝日新聞の記事はこちら

 
田中章教授が、「Good Professor 早稲田塾が選んだ大学教授を紹介!「一生モノ」の恩師と出会おう」に紹介されました。
早稲田塾HPはこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------------


2017.12.05
エコプロ2017に出展します!

12月7日から9日にかけて東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される
エコプロ2017-環境とエネルギーの未来展-に当研究室も出展します。
概要

■開催期間
 12月7日(木)〜9日(土)
■開催時間
 10:00〜17:00
■開催場所
 東京国際展示場(東京ビッグサイト東ホール)
■出展場所
 東3ホール ブース番号E-76
■出展内容
 ・大島産火山礫を用いた商品開発に関する展示
 ・流域単位での生態系保全を目的とした流域バンキングに関する研究
 ・音による生態系保全に関する研究
 ・静岡県下田市におけるアカウミガメの産卵地保全活動の展示
  等

エコプロ2017の公式ホームページ

参加事前申し込みはこちら

2017.11.14
よこはま森の楽校に出展します!

2017年11月19日(日)、クイーンズスクエア横浜にて開催される「よこはま森の楽校 〜みんなでふれあおう横浜の森〜」に出展します。
ブースでは、伊豆大島産火山礫と香りのある植物等を用いたテラリウム作りを体験頂けます。

概要
■開催日程:2017年11月19日(日)12:00〜17:00(開場:11:40〜)
■開催場所:クイーンズスクエア横浜1F クイーンズサークル
■企画内容:伊豆大島産火山礫と香りのある植物を用いたテラリウム作り
■参加費:無料
ただし、数に限りがあります。

よこはま森の楽校の案内はこちら

2017.11.17
第12回アジア環境アセスメント会議が日本で開催されます。

田中章教授が委員長を務める環境アセスメント学会国際交流委員会よりお知らせです。

アジア環境アセスメント会議(Asia IA Conference,AIC)は2007年から行われている
日本・中国・韓国を中心にアジア地域の環境アセスメントや環境保全に関わる実務者、研究者、
学生間の国際交流を目的とした会議です。
AICは2017年8月にベトナム・ダナンにて行われたAIC2017で11回目を迎えました。
このような歴史を持つAICは2018年8月、静岡県静岡市にて開催されることが決定しました。
First Announcementを環境アセスメント学会ホームページに掲載しております。

詳細は環境アセスメント学会国際交流委員会ホームページからご覧ください。

2017.11.14
伊豆半島ジオパークにおける当研究室の取組が紹介されました。

伊豆半島ジオパークにおける当研究室の取組が紹介されました。
2017年10月30日より、Yahoo!ニュースにて期間限定(2017年11月29日まで)で記事が公開されています。
記事はこちらから

2017.09.20
2017年度環境アセスメント学会大会で発表を行いました。

2017年9月1日・2日に山梨県立大学飯田キャンパス(山梨県甲府市)にて行われた2017年度環境アセスメント学会大会で学生が発表を行いました。


田中章教授が特別集会「グリーン・リージョンと生物多様性オフセット・バンキング」のオーガナイザーを務めました。
また、同行した学部4年の川村昂史が「愛知県海上の森におけるギフチョウ(Luehdorfia japonica)のHSIモデル構築」の演題で口頭発表を行いました。


2017.09.19
「第7回伊豆半島の自然環境保全と利用のためのワークショップ」を開催しました

2017年8月22日、下田市民文化会館(静岡県下田市)にて「第7回伊豆半島の自然環境保全と利用のためのワークショップ」を開催しました。


当研究室の紹介を学部3年の大畑が行いました。

アカウミガメの生態について学部3年の代田が発表を行いました。

アカウミガメの希少性について学部3年の金井が発表を行いました。

HEP(ハビタット評価手続き)と生物多様性バンキングについて田中章教授が講演を行いました。

南伊豆地域におけるアカウミガメの産卵に関する認知度調査の結果報告を学部4年小峯が行いました。

伊豆半島の自然環境保全と経済活性化の両立について学部4年の川村が発表を行いました。

発表後は来場者の方を交えて伊豆半島の自然環境保全と経済活性化についてグループディスカッションを行いました。


この様子は8月23日付の伊豆新聞でも紹介されました。

2017.08.15
第6回日中韓EIAカンファレンスで発表を行いました。

8月9日から12日かけてベトナム社会主義共和国ダナン市で行われた第6回日中韓EIAカンファレンスで田中章教授と学生が発表を行いました。

田中章教授は第2セッション「 Ecosystem and Biodiversity」でチェアを務め、同セッションにて「Can EIA be an Effective Tool for Creating Ecologically Sustainable Society??
From the Aspect of “Green Region”」の演題で口頭発表を行いました。

また、同行した学部4年の川村昂史が「Habitat Evaluation of Luehdorfia japonica in the Aichi Pref.」の演題で口頭発表を行いました。

レセプション、カンファレンス、テクニカルビジットの様子をGoogleDriveにアップロードしました。
写真はこちら

2017.08.01
「高校生のための 伊豆半島の自然環境保全を考える夏合宿」の申し込みが開始されています。

7月10日より、当研究室が行う「第7回伊豆半島の自然環境保全と利用のためのワークショップ」の前日8月21日、当日、翌日23日の3日間行われる アカウミガメの産卵地保全に向けた合宿形式の高校生・大学生共同の調査会の申し込みが開始されています。

詳細・参加申し込みはこちらをご覧ください。(共催の伊豆半島ジオパーク推進協議会 HPにつながります)

なお、22日のワークショップについてはどなたでもご参加頂けますので、奮ってご参加ください。

2017.06.30
「第7回伊豆半島の自然環境保全と利用のためのワークショップ」の日程が決定しました。

この度、「第7回伊豆半島の自然環境保全と利用のためのワークショップ」の日程が決定しましたのでお知らせします。
昨年まではアカウミガメ産卵地保全と利用のための勉強会として行ってきましたが、
今年度は伊豆半島の自然環境保全と地域経済活性化に焦点を当て、ワークショップを行います。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

■テーマ:生物多様性保全と地域経済活性化
■日時:8月22日15時30分開会(15時開場)、18時50分閉会(懇親会は19時開始予定)
■場所:下田市民文化会館
■参加費:大会は無料、懇親会費は有料(金額は追ってお知らせします)


大会予告ポスター


大会予告ポスター(英語版)


2017.06.30
当研究室の下田市での取り組みが東急グループ環境賞努力賞を受賞しました。

この度、当研究室が2011年から行ってきた下田市でのアカウミガメ産卵地保全と利用に関する取り組みが、東急グループ環境賞努力賞を受賞しました。

2017.06.26
FGC体験学習を行いました。

2017年6月21日、葉山町立南郷中学校にてFGC体験学習を行いました。
今年度は里山のクズによる劣化の問題や在来種の魅力をリース作りを通して発信しました。

木質化したクズを編んでいる様子


上ノ山公園での植物採取の様子


完成したリースと一緒に集合写真

2017.06.23
田中章教授が静岡商工会議所報「Sing」で紹介されました。

田中章教授が静岡商工会議所報「Sing」の「東京からこんにちは」にて紹介され、日本平の活用について意見を述べました。


記事(画像をクリックするとpdfが表示されます)

2017.06.19
横浜祭に出展しました

2017年6月10日と11日の2日間、第21回横浜祭に出展しました。


ブースではハーブを利用した製品、伊豆大島産火山礫を使用したテラリウムの販売を行いました。

毎年恒例の学内ツアーと手作り体験では、ハーブ石けん作りに加えて、
伊豆大島産火山礫を使用したテラリウム作りも行いました。

学内ツアーでビオトープパッケージにいる生物観察を行いました。

最近設置した鹿威しは子ども達に人気でした

2017.06.19
葉山まちづくり展に出展しました

2017年5月26〜28日の3日間、第17回葉山まちづくり展に出展しました。


会場の様子

説明の様子

2017.06.06
香りの芝生を増設しました。

2017年6月4日、香りの芝生を、横浜キャンパス中庭に増設しました。
予めマット状になった「ハーブな絨毯」(黒田ハーブ農園北海道株式会社様の商品)を利用し、
学内の植栽マスを緑化しました。
今回の施工により、学内の香りの芝生は2箇所となりました。

施工前の状態(ジャーマンカモマイルのお花畑)

施工前の状態(ジャーマンカモマイルの除去後)

施工後の状態

2017.04.06
田中章教授が桑袋ビオトープ講演主催のイベントで講師を担当しました。

2017年3月20日、田中章が桑袋ビオトープ公園(東京都足立区)主催のイベントビオトープ講座「家族で作る生物が集まるベランダ」にて講師を担当しました。

講座の広告


新装版、好評発売中!
HEP入門/田中章
韓国語版「HEP入門」
韓国語版HEP入門ハビタット評価手続き

生物多様性保全の実践入門書 企業の生物多様性保全CSR活動、野生生物保護行政、環境アセスメント,生物多様性配慮型開発計画,ビオトープ計画,環境教育に関わるすべての社会人、それらを目指す学生にとっての必読書。

  • 絶滅危惧動物に関連する書籍 - 朝倉書店
  • HEP入門 ―〈ハビタット評価手続き〉マニュアル― - 朝倉書店
  • 生物多様性を知る 朝倉書店の50冊


  • 学生のみなさんへ。田中章教授の紹介ページへのリンクです(早稲田塾HPにとびます)。


    東京都市大学横浜キャンパス中庭に造成したビオトープパッケージの観察日記です。ぜひご覧ください。

     当研究室が2011年から開始した下田市でのアカウミガメ保全に関する活動のHPです。


    東京都市大学環境学部のページ(プレビュー版)へはこちらからどうぞ