■担当授業


(2年生 前期)
・ICTアセスメント
IT技術者には、テクノロジ系の技術のみならず、経営戦略やマネジメントの知識も必要である。
そこで、本クラスでは、情報処理技術者に必要なストラテジ系、マネジメント系の基本知識を講義する。
基本的にITパスポート試験のシラバスに従って講義する。

・電子商取引論
電子商取引における消費者向けビジネス(B2C)の基本事項を理解する。さらに、それらをふまえた上で、仮想の模擬ECサイトの構築演習を行う

(3年前期)
・組織とマネジメント
企業の情報システムは組織や経営戦略と表裏一体の関係にある。そこで情報システムやITの専門家として基本的な経営理論
組織理論の概念を学習する。また、演習として実際の上場企業の分析を行い、経営や組織を理解する。

・企業と情報管理
情報社会における企業活動は、情報システムによって、多種・多様な情報を蓄積し利用することで成立している。この情報システムを管理しているのは、CIO(Chief Information Officer:情報担当役員)である。CIOの重要な役割は、情報システムの適切な管理と投資意思決定である。そこで第一に日本における企業情報システムを概観する。第2に情報システムの管理の基礎となるシステム監査について講義と演習を行う。第3に企業における投資意思決定を経済性工学をベースに学ぶ。

(3年後期)
・ビジネスモデリング
企業の業務改善や業務処理システム構築などのために業務処理の手順を単純なモデルとして記述する複数の方法を理解し、
自分でも簡単な業務処理の手順を記述できるようにする.
また、ビジネスゲームを通じて、販売管理、原価管理などを行うことにより、企業経営の基本的な仕組みを実感する。

・ビジネス情報ネットワーク(大学院)
経営情報システムや情報ネットワークについて概説すると共に、学生にはケーススタディなどの課題を与えて、皆の前で発表してもらう。
また、Webを使ったビジネスゲームを通じて販売管理、原価管理などを行い、企業経営の基本的な仕組みを理解する。




Copyright(C)2013 UME - LAB All Rights Reserved.
Template Design by Nikukyu-Punch