MI-TECH横浜祭において毎年行われてきた環境企画のひとつです。
紙コップや紙皿などを使わず、プラスチック食器を繰り返し使うことでごみの削減と、来場者の方の環境問題 に対する意識向上をします。
学園祭で出るゴミの多くを占める食器ゴミをDRPの実施により、ゴミの量を格段に減らすことが出来ています。
今年度は返却するだけではなく、返却の際にゴムヘラを使ってお皿の汚れを落としていただくことにより、 本来使用する水道の量を削減することが出来ます。 また、来場者にやっていただくことで、環境をより意識していただき、学園祭に参加していただくことが出来ます。 服などに汚れが付く場合がありますが、ご了承ください。(実行委員会ではエプロンを用意しておりますので、是非ご利用ください。)
DRPの主な流れは、下記のようになっております。

1.模擬店から購入する食器には、保証金としてあらかじめ¥50が上乗せされています。
2.料理を食べ終わってからその食器の汚れをヘラで落とし、DRP回収所に返却すると、保証金の¥50が返ってきます。
3.その後、食器を消毒し、模擬店に¥50で貸し出します。

ゴムヘラは、下記のように使用して汚れを落とします。

戻る

Copyright (C) 2007 武蔵工業大学 第11回MI-TECH横浜祭実行委員会 , All rights reserved.