About
知能メディア研究室とは


人にやさしい使いやすい知的メディアサービス

日々の生活が楽しく便利になる知的メディア環境の実現を目指しています。 このために,画像処理技術や言語処理技術などによるマルチメディアコンテンツの解析・理解, これを踏まえたコンテンツの活用技術,映像コンテンツの制作技術, 自然で使いやすいユーザインタフェース技術などに取り組んでいます

学生数について
  • 修士2年 1名(うち女子0名)
  • 修士1年 1名(うち女子0名)
  • 学部4年 10名(うち女子2名)
  • 学部3年 10名(うち女子2名)
研究キーワード

#映像メディア処理 #知能処理 #ヒューマンインタフェース
#コンテンツ制作技術 #メディア情報学

卒業研究
  • 3D空間のCGオブジェクトとのインタラクション
  • バーチャルスタジオシステムにおける ヒューマンインタフェース
  • ジェスチャによるリアルタイムキャラクタ
  • アニメーション制作システム
  • ジェスチャによるテレビ操作
  • 視線からユーザの意図推定
  • AR技術を用いた高齢者への生活支援
  • 認知負荷を考慮したゲーム WebやTwitterからの情報抽出
  • 4K/8K時代のテレビインタフェース
主な就職先

SCSK,富士通,京セラコミュニケーションシステム,
NTTデータフロンティア,NTTコムウェア,
コムシス情報システム,日立情報通信エンジニアリング,
三菱電機インフォメーションシステムズ,アイネス,
シンポー情報システム, アルファシステムズ,
凸版印刷,岡村製作所,NHK,
日本マクドナルド, センコー,東京都市大学大学院