Windows+Apache+PHP+PostgreSQLによるWebアプリケーション
−入門編−
第1章 PostgreSQLのインストール

1.1 概要

■PostgreSQL 8.0

 PostgreSQLはバァージョン8.0からWindows2000、WindowsXP、Windows Server2003をサポートするようになりました。従来は、Cygwinを介してWindowsOSで擬似的にUNIXコマンドを操作できるようにした上で、PostgreSQLを稼動できましたが、バージョン8.0ではCygwinを使わず、直接WindowsOS環境でPostgreSQLを稼動できるようになりました。

■pginstaller-ja

 Windows版PostgreSQLのインストーラとしてpginstaller-jaというインストーラパッケージが提供されています。ここでは、インストーラとしてpginstaller-ja8.0を使用します。

 pginstaller-jaは

http://pgfoundry.org/projects/pginstaller/

から無償でダウンロードできます。

■pgAdminV

 PostgreSQL 8.0を管理・操作するGUIツールとしてpgAdminVが提供されています。

■インストール環境

・OS:        Windows2000、WindowsXP、Windows Server2003

・ファイルシステム: NTFS(FATは好ましくない)

 

1.2 Windowsユーザアカウントpostgresの作成

 PostgreSQLをインストールする前に、Windowsのユーザアカウントpostgresを作成しておく必要があります。このユーザアカウントpostgresは、Admistrator権限等特別の権限を持たない制限ユーザとして作成します。

 あらかじめユーザアカウントpostgresが作成されていないと、PostgreSQLインストール時に、自動生成されます。ただ、自動生成されたユーザアカウントpostgresは、Windowsの「設定」−「コントロールパネル」−「ユーザアカウント」からは見えなくなってしまい、維持管理できなくなってしまいます。

■ユーザアカウントpostgresの作成

(1)「設定」−「コントロールパネル」−「ユーザアカウント」でユーザアカウントのダイアログボックスを表示します。

(2)「新しいアカウントを作成する」をクリックします。

(3)名前欄に「postgres」と記入し、「次へ」ボタンをクリックします。

(4)「制限」を選択し、「アカウント作成」ボタンをクリックします。

(5)作成したユーザアカウントpostgresが表示されます。これをクリックします。

(6)「パスワードを作成する」をクリックします。

(7)同じパスワードを2回記入し、「パスワードの作成」ボタンをクリックします。

(8)次の画面が表示され、ユーザアカウントpostgresの作成は完了します。

 

1.3 PostgreSQL8.0のダウンロード

 PostgreSQL8.0をダウンロードするには、インストーラ込みのpginstallerの日本語版であるpginstaller-jaをダウンロードします。

■pginstaller-jaのダウンロード

 次のWebサイトからpginstaller-jaをダウンロードします。

http://pgfoundry.org/projects/pginstaller/

(1)http://pgfoundry.org/projects/pginstaller/にアクセスします。

(2)以下のWebページが表示されます。2005年10月20日現在では、pginstaller-jaは8.0.3版です。下方のpginstaller-ja8.0.3の行の「ダウンロード」をクリックします。

(3)少し時間がかかりますが、次の画面が表示されます。下方にスクロールし、ピンク色にハイライトされている行に移動します。

(4)下側の「pginstaller-ja8.0.3.html」の方をクリックします。

(5)次のWebページが表示されます。「pginstaller-ja8.0.3.zip」をクリックします。

(6)ミラーサイトが表示されます。「Japan」をクリックします。

(7)「保存」ボタンをクリックします。

(8)保存先のフォルダを指定します。ここでは、「pginstaller-ja」フォルダとしています。

(9)ダウンロードが開始されます。

(10)ダウンロードが完了したら、「フォルダを開く」ボタンをクリックします。

■pginstaller-jaの解凍

(1)ダウンロードした「PostgreSQLstgresql-8.0.4-ja.zip」ファイル上で右クリックし、「すべて展開」を選択します。

(2)「次へ」ボタンをクリックします。

(3)展開先のディレクトリは既定のままとし、「次へ」ボタンをクリックします。

(4)「完了」ボタンをクリックします。

(5)解凍されたファイルが下記のように表示されます。インストーラ込みのPostgreSQL8.0は「postgresql-8.0-ja.msi」ファイルです。

 

1.4 PostgreSQL8.0のインストール

■インストール

(1)「postgresql-8.0-ja.msi」ファイルをダブルクリックし、起動します。

(2)場合によっては、下記の警告メッセージが表示されることがあります。「実行」ボタンをクリックします。

(2)「次へ」ボタンをクリックします。

(3)「次へ」ボタンをクリックします。

(4)「インストールオプション」ダイアログボックスが表示されます。

(5)「国際化言語サポート」をインストールすることとします。そこで、「国際化言語サポート」の下向き矢印をクリックし、「ローカルなハードディスクドライブにインストールされます」を選択します。

(6)同様に、「PostGIS空間の拡張」もインストールするように設定します。「次へ」ボタンをクリックします。

(7)「サービス構成」のダイアログボックスが表示されます。ここでのアカウント名は、1.2(3)項で設定したWindows用のユーザアカウントです。したがって、パスワードは1.2(7)項で設定したパスワードを記入し、「次へ」ボタンをクリックします。

(8)下記のエラーメッセージが表示されますが、「はい」ボタンをクリックします。

(9)「OK」ボタンをクリックします。

(10)「データベースクラスタの初期化」ダイアログボックスが表示されます。

(11)「アドレス」は、リモートからのアクセスを許可しない場合は、チェックボックスはチェックしないようにします。この場合は、URLは「http://loclahost:5432/xxxxx」のみ有効になります。

 PostgreSQLをサーバ等にインストールし、リモートアクセスを可能にする場合は、チェックボックスをチェックしておきます。

 「ロケール」は「C」のまま、「エンコーディング」は「EUC_JP」のままとしておきます。

 「スーパユーザ名」の「postgres」は、上記(7)項と同じ「postgres」ですが、ここでのスーパユーザ名postgresは、PostgreSQL内部で使用するもので、Windows用のユーザアカウントとは異なります。したがって、パスワードも1.2(7)項で設定したパスワードとは別のパスワードを設定します。

 以上の設定が終わったら、「次へ」ボタンをクリックします。

(12)データベースのテンプレートであるtemplate1で有効にしておきたい手続き言語を選択します。ただし、手続き言語で選択可能なのはあらかじめインストールされている言語に限ります。「PL/pgsql」は常に選択可能です。既定のまま、「次へ」ボタンをクリックします。

(13)「貢献モジュールを可能にする」ダイアログボックスが表示されます。既定のまま「次へ」ボタンをクリックします。

(14)上記(6)の「インストールオプション」で「PostGIS」をインストールするようにした場合は、「PostGISの有効化」ダイアログボックスが表示されます。とりあえずオフのままとして、「次へ」ボタンをクリックします。

(15)「次へ」ボタンをクリックします。

(16)インストールが開始されます。

(17)データベースクラスタの初期化中の状態です。

(18)インストールが完了すると、下記のダイアログボックスが表示されます。「終わる」ボタンをクリックします。

■環境設定

 PostgreSQL8.0の環境設定は、postgresql.confファイルに記述します。このファイルはPostgreSQLがインストールされたフォルダのdataフォルダ内にあります。

 とりあえずは、既定のまま使用します。

 postgresql.confファイルの編集は、pgADMINVで用意されているバックエンド構成エディタを使って行うことができます。

 このエディタの起動メニューはスタートメニューに登録されています。「スタート」−「プログラム」−「PostgreSQL8.0」−「構成ファイル」−「postgresql.confの編集」を選択します。

 次の警告メッセージが表示されますが、「OK」ボタンをクリックします。

次のようなPostgreSQL8.0の環境設定の編集用画面が表示されます。ここでは、詳細を省略します。

 なお、postgresql.confファイルの内容を変更した場合は、次節で述べるバックエンドサーバpostmasterを一度停止し、再起動する必要があります。

 

1.5 PostgreSQLの起動と停止

 PostgreSQLを起動するには、バックエンドサーバプログラムであるpostmaster.exeをWindowsのサービスとして起動する必要があります。

 インスストーラのの既定の設定では、PCやサーバの起動時に自動的に起動するように設定されています。

 手動でPostgreSQLサービスの起動、終了を行うには、スタートメニューから行います。「スタート」−「プログラム」−「PostgreSQL8.0」の次に、「サービスの起動」と「サービスの停止」が準備されています。

 

 


前へ | 目次へ |次へ  | YCポータルサイト

執筆 山田豊通
更新日: 2005年10月21日