楷の木会 役員

会 長:吉村 正伸(第1期)

副会長:西村 あゆみ(第2期)、和田 知也(第3期)

理 事:
 【第1期】榊原 邦勝
 【第2期】緒方 愛
 【第4期】岩崎 智(会計)、平本 真理
 【第5期】我妻 悠(ホームページ担当)、木下 恵理香、清田 華代
 【第6期】八尋 みどり(書記)、上原 勝志、植野 博士、福地 正憲
 【第7期】上林 眞也、木戸 ゆかり、牧 容子
 【第8期】市川 誠之、堀口 健
 【第9期】五十嵐千恵、浜田 愛子
 【第10期】清水 恵子、福島 直子
 【第11期】遠藤 幸次、加藤 達也、渡部 拓郎
 【第12期】出井 健一、久布白 兼紀
 【第13期】荒井 翔平、皆川 紗理奈
 【第14期】冨山 夏季
 【第15期】青山 貴洋
 【第16期】古俣 侑希

監 事:飯尾 淳(第3期)、増田 紀子(第6期)

楷の木会 会則

第1章

(名称)
第1条 本会は、東京都市大学(旧・武蔵工業大学) 楷の木会と称する。

(目的)
第2条 本会は、会員相互の親睦を深め、学術・文化の向上と東京都市大学(旧・武蔵工業大学)の発展に寄与することを目的とする。

第2章

(会員)
第3条 本会は、正会員、学生会員及び特別会員をもって組織する。
 第2項 正会員は、以下の各項のいずれかのものする。
 ・ 東京都市大学(旧・武蔵工業大学)環境情報学部の卒業生
 ・ 東京都市大学(旧・武蔵工業大学)大学院環境情報学研究科の修了生
 第3項 学生会員は、東京都市大学(旧・武蔵工業大学)環境情報学部の在学生とする。
 第4項 特別会員は、以下のいずれかのものとする。
 ・ 東京都市大学(旧・武蔵工業大学)環境情報学部の現旧専任教職員。
 ・ 東京都市大学(旧・武蔵工業大学)大学院環境情報学専攻の現旧専任教職員。
 ・ 東京都市大学(旧・武蔵工業大学)を途中退学したもので、本人が入会を希望し、理事会の承認を経て所定の手続きを行ったもの。
 ・ 本会の目的に賛同し、正会員によって推薦され、理事会の承認を経て所定の手続きを行ったもの。

(役員)
第4条 本会に下記の役員をおく。
 会長   1名   副会長  若干名  理事 数名から数十名
 顧問  若干名   監事   2名
 第2項 役員会は全役員をもって組織する。
 第3項 会長は、役員会において理事より会計担当理事を選出する。

(役員の選出)
第5条 会長、副会長、理事、および監事は総会において正会員より選出する。
 第2項 顧問は役員による推薦によって会長が委嘱する。

(役員の職務)
第6条 役員はそれぞれ以下に掲げる職務を行う。
 会長:本会を代表し、会務を総理する。
 副会長:会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
 顧問:会長の諮問にこたえ、役員会に必要な助言を行う。
 理事:会員を補佐し、会務を実行する。

(役員の任期)
第7条 役員の任期は3年とする。ただし、再任を妨げない。

(幹事および代表幹事)
第8条 本会に下記の幹事および代表幹事をおく。
 ・ 卒業研究室から卒業年次毎に各1名を幹事とする。
 ・ 各学科から卒業年次毎に数名を代表幹事とする。(ただし、幹事を兼務する)
 第2項 代表幹事会は、全代表幹事で構成する。
 第3項 幹事会は、役員および幹事で構成する。

(幹事および代表幹事の選出)
第9条 幹事は、各卒業研究室の推薦によって選出する。
 第2項 代表幹事は、幹事会の議を経て、役員会が幹事より指名する。

(幹事および代表幹事の職務)
第10条 幹事は各研究室卒業年次の会員を代表する。
 第2項 代表幹事は役員会と協力して、会務を実行する。

(幹事および代表幹事の任期)
第11条 幹事および代表幹事の任期は3年とする。ただし、再任を妨げない。

(支部)
第12条 本会は、幹事会の議決を経て、必要に応じて支部をおくことができる。

(事務局)
第13条 本会の事務局を、東京都市大学(旧・武蔵工業大学)環境情報学部教室内におく。

第3章 会務

(会務)
第14条 本会は、以下の会務を行う。
 ・ 総会を毎年開催する。
 ・ 役員会、代表幹事会および幹事会を必要に応じて開催する。
 ・ 名簿の整理発行を行う。
 ・ その他、第2条の目的を達成するために必要な事業を行う。

第4章 会計

(経費)
第15条 本会の経費には、会費および寄付金をあてる。

(会費)
第16条 会費の徴収については別途定める(下記、細則を参照のこと)。

(会計年度)
第17条 会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日とする。

(管理)
第18条 会計は会計担当理事が管理する。
 第2項 会計担当理事は、総会において会計報告をおこなう。

(監査)
第19条 幹事は会計を監査する。
 第2項 幹事は、総会において会計監査報告をおこなう。

第5章 その他

第20条 本会則を改訂する場合には、役員会の議を経て、総会の承認を得るものとする。

2006年6月

このページの一番上へ

楷の木会 細則

1.会費

1)会費については、環境情報学部卒業時に1,000円を徴収するものとする。
2)卒業生会員からは、年会費は徴収しない。
3)楷の木会が主催する行事においては、その行事への参加者から、その都度定める実費相当額の参加費を徴収し、運営を賄うものとする。
4) 楷の木会の運営に当たっては、主にe-mail、ホームページ等による情報ネットワークを介した連絡手段を用い、運営コストは最小限に留める。

2.会員情報の取り扱い

1)楷の木会で保有する個人情報は、必要最小限の連絡手段であるe-mailアドレス等に留め、情報流出がないよう厳重に管理を行う。
2)楷の木会で保有する個人情報は、楷の木会の運営に関わる諸連絡に用い、その他の用途では利用しない。
3)楷の木会が、会の運営のため、会員の現住所などの個人情報を必要とする場合には、武蔵工業会の卒業生名簿から情報を得ることとする。

2006年6月

このページの一番上へ